じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平塚

<<   作成日時 : 2006/04/08 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は湘南−山形の試合があったので、平塚まで行ってきました。
家を出た時は晴れていたのですが、平塚駅についたらいきなり雨。
予報を信じてカサを持っていって正解でした。
しかし、その雨も10分ほどでやみ、嘘のように晴れ渡りました。

それにしても、私的には平塚駅からスタジアムまでは近いという意識があるのですが、行く度にそうでもないことを思い知らされます。
いい加減覚えればいいんですが。
ということで、余裕を持って出発したはずが、到着したのは試合開始5分間。
まあ、オッケー。

本日は前節と同じフォーメーションでしたが、出場停止のレオナルドに代わって内山がセンターバック。
そしてレアンドロに変わって原がワントップ。
純国産メンバーです。

前半からボール支配率は山形が上回っていました。
トップ下の財前にボールが収まると、いい感じで両サイドから攻撃できます。
今日は左から木村もよく上がっていました。
が、例によってゴール前の詰めが甘く得点できません。

守備面では、センターバックに入った内山が目立っていました。
チーム全体では、たまに簡単なミスからボールを奪われる場面があり、決定的ピンチになりかける場面がありました。
ただ、湘南の決定力不足にも助けられ、こちらもゴールを許しません。

0−0のまま試合は後半へ。
前半と同じように攻めますが、やはり得点が奪えず時間は経過。
ここで高林に代えて高橋を投入。
本橋がボランチに入り、高橋が左サイドへ。
さっそくこぼれ玉を拾った高橋がゴール前へグラウンダーのパスを入れますが、飛び込んだ原はずかに届かず。

すると湘南にゴール前左からフリーキックを与えてしまいます。
ゴールに向かっていくボールをヘッドでうまくあわせられ、先制点を献上。
チャンスを逃したあとに点を取られてしまう、今シーズン何度もあった形でやられてしまいました。

この後、原に代え氏原を投入。
さらに財前に代え根本を投入し、2トップで攻勢に出ます。
ここから怒涛の攻撃を仕掛けますが、相変わらずゴールが遠く、このまま終わってしまうかと思われた終了間際。
右サイド臼井の上げたクロスをトラップした氏原が戻したパスを、本橋が豪快にミドルシュートで決め、ついに同点。
なかなか結果が出なかった氏原ですが、ようやくポストプレーからアシストの形ができました。
本橋のシュートもファインゴールでした。

このあとは押せ押せの展開。
樋口監督もサイドライン際まで出てラインを割ったボールを拾うなど、勝ちへの執念を見せます。
しかし、いかんせん時間がなく、このままタイムアップ。
1−1のドローとなりました。

内容的には、今シーズン繰り返された形だったと思います。
ポゼッションだけだったらJ2でもトップクラスでしょう。
しかし、サッカーは点を取らないと勝てません。
今日も散々チャンスを逃したあげく、相手にワンチャンスを決められる展開になりました。
ただ、最後に追いついたことで価値のある引き分けだったと思います。
結局は運の要素もあるので、こういう試合を続けていけば必ず勝てるでしょう。

・・・と、だいぶ書いてしまいました。
このまま観戦記にしようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平塚 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる