じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第一クールを振り返る−その2−

<<   作成日時 : 2006/05/05 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで、昨日の続きです。
結果が出ていない理由を、私なりに考えてみたいと思います。

まずは、開幕戦と前節のメンバーを見比べてみましょう。

開幕戦
  レアンドロ  氏原
高橋 永井  渡辺 財前
内山 小原 レオナルド 臼井
      桜井

リザーブ:清水、木村、佐々木、根本、原

第13節
     レアンドロ
      財前  
本橋 永井  渡辺 佐々木
木村 小原 レオナルド 臼井
      清水

リザーブ:桜井、内山、秋葉、林、氏原

システム的には、開幕時が去年までの4-4-2でしたが、途中から財前をトップ下に入れる4-5-1になっています。
これに伴い、開幕時はサブにも入らなかった本橋が左サイドで出場するようになりました。
開幕当初はケガで出遅れた佐々木は右サイドに定着。
また、左サイドバックの内山に代わって木村、キーパー桜井に代わって清水がレギュラーになっています。
ボランチの渡辺のところは、高林が多く出場していました。

出場記録を見ると、全試合フルタイム出場は小原のみ。
全試合出場は、財前、永井、佐々木の3人です。
レオナルドと臼井が11試合、レアンドロと氏原が10試合で続いています。
得点は、レアンドロが3ゴール、レオナルドと財前が2ゴールで続きます。

これらを踏まえて、不調の原因を考えてみたいと思います。

得点力不足


いきなり、ミもフタもない意見ですが・・・。
得点が12試合で12、1試合平均1点ではなかなか勝てません。
能力の高い選手はそれなりにいると思うのですが、テクニシャンばかり多く、「点取り屋」タイプがいない感があります。
レアンドロ、財前、佐々木、本橋、永井と、前線の選手は軒並みそんな感じかなと。
相手をかわすところまでは上手いのですが、そのあとのシュートやラストパスの精度に難ありです。
ごっつあんゴールでも、泥臭くてもいいから点が取れるような選手が欲しいですね。
個人的には氏原がそのタイプかなと思うのですが、まだノーゴールと結果が出ていません。
途中出場が多い林は、短い時間でも結果を残すことができる選手なので期待できます。

センターバックの層の薄さ


今シーズンは、本職のセンターバックが小原とレオナルドぐらいしかいません。
(高校生のドグラスは別として)
二人ともあまりスピードがない選手なので不安があったのですが、それが露呈する形になっています。
PKを取られたものも含め、失点の多くはセンターバックの裏のスペースを突かれたものです。
これが今の山形の弱点になっています。
じゃあ他の選手を使えばいいかというと、小原・レオナルドと同レベルの選手がいないのが現状となっています。
このあたり、移籍した小林の穴を埋められなかったフロントの責任もあるように思います。

汗かき役の不在


これも名前を出すと、移籍した大塚の穴を埋める選手がいません。
永井がある程度攻撃に参加することを考えると、もう一人のボランチは守備的な選手がいい。
しかし、渡辺も高林もそこまでの働きができていません。
二人とも大塚よりパスなどのつなぎは上手いと思いますが、目立たないところでの貢献度は大塚より下だと思います。
カウンターの場面で体を張って相手を止めるとか、常にパスを受けられるポジションにいるとか、縁の下の力持ちが今のチームにはいないです。

攻撃パターンが単調


以前からそうといえばそうですが、山形の攻撃は7、8割が右サイドからです。
佐々木、臼井というスピードと突破力のある選手がいることはありますが、あまりにも右一辺倒では相手も対処しやすくなります。
せっかく右サイドを突破しても、中にいるのはレアンドロ、財前、本橋あたり。
ハイボールで競るタイプの選手もいないので、よほどピンポイントであわせるか、グラウンダーのパスでないと得点になりません。
そうなると選択肢が限られてくるわけで、ますます守りやすくなります。

とまあ、色々考えられるわけですが、最終的にはツキもなかったと思います。
ポストを叩いたシュートが全部入っていれば、結果は全然違っていたでしょう。
それがサッカーといえばそれまでですが。

まあ、こういうシーズンもあります。
次の試合は休みになるので、第二クールから新たな気持ちで戦ってほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第一クールを振り返る−その2− じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる