じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サテライトFC東京戦

<<   作成日時 : 2006/05/07 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は、サテライトの山形−FC東京の試合がありました。
午前中にフットサルをしてから夢の島に到着。
思ったより近かったです。

サテライトの試合を生で見るのは初めてでした。
さすがにチケットとかはありませんでした。
まあ、ちゃんと審判もいますし、練習試合のちょっといい版ぐらいですかね。
屋根のあるスタンドだったので助かりました。

スタメンは、キーパー桜井、DF左から木藤、内山、大田、ドグラス、中盤は左にイ・ジョンミン、右に坂井、秋葉と高林のダブルボランチ、FWは阿部と原。
サブはキーパーの鈴木以外はユースの選手。
DF羽染、MF佐藤、FW亀井って、さすがにどんな選手かまではわかりません。

対する東京は、DFに藤山、金沢、MFに三浦文丈、浅利、阿部といて、FWはササ・サルセードにリチェーリ、サブにも馬場と戸田が入っています。
下手するとトップの試合に出そうな面子で、けっこう本気モード?

さて、試合開始。
山形のキックオフから中盤の秋葉が前方にフィードしますが、ボールを奪われます。
すると、そこからつながれ、ゴール前の浮き玉パスから阿部にループ気味に決められ、あっさり先制を許します。
ものの30秒ぐらいでしょうか?
フォーメーションもよくわからないまま失点してしまいました。
うーむ・・・。

その後は、落ち着きを取り戻します。
が、センターバックが本職のドグラスを右サイドバックで起用していたのは、どういう理由だったんでしょうか。
普通に太田が右で、ドグラスがセンターでOK、だと思うのですが。
ぶっちゃけ、スピードがないから上がれないし、裏を取られまくりだし、まったく機能していませんでした。
相手ゴールキックなどではドグラスが競るのですが、右サイドがぽっかり空いてしまうので、そこから攻められたりもしてましたし。
右の中盤に入った坂井も、守備に追われてまったく上がれませんでした。

山形も反撃し、阿部やイ・ジョンミンが左サイドからいい突破を見せたりもしましたが、最後の詰めが甘いのはトップと一緒でしょうか。
枠内シュートもほぼないまま時間が進みます。
するとFC東京の阿部にまたもやられます。
ペナルティエリア内でパスを受けると反転してシュート、これが決まってしまいます。
あのあたりの反転の速さはさすがだと思いました。

このまま前半は0−2で終了。
お互いミスが多い内容でしたが、決定力の差がモロに出ました。

後半、山形が攻勢に出ます。
が、相変わらずゴールが遠い。
ゴール前での決定的場面も、シュートをふかしてしまったりと、点が取れる気がしません。
この後、唯一の選手交代。
木藤に代わって佐藤が入ります。
空いた左サイドに内山が回り、右のドグラスがセンター、佐藤は右に入りました。
しかし、この直後にまたも失点。
コーナーキックの流れからクロスを入れられると、戸田がヘッドでボールの軌道を変える技ありゴール。
今度はセットプレーからやられてしまいました。

このあとは右の坂井が少し目立ってました。
後ろのドグラスがいなくなったせいか、積極的に上がれるようになっていました。
一度いい突破もありましたし、そこそこ良かったと思います。
また、右サイドバックに入った佐藤も、ドリブルで中央を持ち上がるなど、少し目立ってました。
守備面などはかなり課題がありましたが、もっと思い切りやっていいんじゃないですかね。

試合はこのまま0−3で終了。
FC東京は去年のプレシーズンマッチでもけちょんけちょんにやられましたが、今回もやられちゃいました。
あの時も雨。
どうもゲンが悪いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サテライトFC東京戦 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる