じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 五連勝、ならず

<<   作成日時 : 2006/06/03 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は札幌でアウェー戦。
例によってスカパー観戦です。
第二クールに入って負けなしの四連勝と好調の山形。
対する札幌は8試合勝ち星なしということで、必死になってくることが予想され、ちょっとやりにくいなあという感じでした。

スタメンはこのところの固定メンバー。
キーパー清水、DF内山、小原、レオナルド、木村、MF財前、永井、渡辺、臼井、FWレアンドロ、林。
リザーブは、キーパー桜井、MF秋葉、本橋、佐々木、FW原。
ケガで戦列を離れていた佐々木が久しぶりにベンチ入りです。
一方の札幌は、出場停止明けのフッキが先発復帰。(ややこしい)
ここをどう抑えるかがポイントになりそうです。

さて、キックオフ。
すると、いきなりフッキに2回ほどサイドから突破されます。
得点にはならなかったものの、今日は手こずりそうな予感がしてきました。
札幌はひたすらDFの裏のスペースを突いてきていて、嫌だなあという感じでした。

しかし、先制点は山形。
前半9分、右サイドでの細かいボール回しから、最後は林のアーリークロス。
これがゴール前に走りこんだレアンドロにピンポイントであいます。
倒れこみながら右足であわせたレアンドロのシュートがゴール右スミに決まって先制ゴールとなります。

このあとも札幌に何度かチャンスを作られますが、ギリギリのところで守備陣が踏ん張って得点を許しません。
そんな展開の中、追加点が生まれます。
35分、中央でボールを持った林が左サイドへパス。
レアンドロがスルーした裏に走りこんだ財前がダイレクトパス。
これがゴール前に走ったレアンドロにピタリ。
落ち着いてDFをかわすと、シュートがゴール右に決まって2点目。
財前のテクニック+レアンドロの個人技でリードを広げます。

これで山形ペースかと思いきや、札幌も粘ります。
追加点からわずか、一本のパスでフッキが裏に抜けます。
ユニフォームをつかんで追いかける小原が振り切られ、内山がペナルティエリアで倒してしまいPKを献上。
恐れていたフッキにやられてしまいました。
このPKを自ら蹴ったフッキのシュートが決まり、2−1。
このまま前半が終了します。
展開的に、次の1点をどちらが取るかがカギになると思いました。

後半、さらに札幌が攻勢に出てきます。
山形はボールを奪っても次のパスを奪われてしまうことが多くなり、なかなかリズムが出てきませんでした。
セカンドボールもほぼ札幌の選手に納まり、防戦一方の苦しい展開になります。
それでも凌いでいましたが、迎えた後半18分。
ゴール前右からのフリーキックを相川にヘッドであわせられ、ついに同点に追いつかれてしまいます。

どちらに入るかと思った得点が札幌に奪われてしまいました。
この展開は、第一クールの東京ヴェルディ戦と同じ。
さすがに嫌な予感がしてきました。

このあと永井に代えて秋葉を投入。
しかし、この日の秋葉はイマイチという感じで、流れを変える交代とはなりませんでした。
さらに林に代えて原を投入。
レアンドロが左サイドから上げたクロスを原がヘッドしますが、ゴール右に外れ。
決定的な場面でしたが、まだ今シーズン点を取っていないあせりもあるんでしょうか。

終盤にはレアンドロに代えて佐々木を投入。
このあとのポジションがよくわかりませんでしたが、おそらく原と佐々木の2トップになったと思われます。
札幌フッキのミドルシュートは、清水がかろうじで弾き、ボールはポスト直撃。
最後の大ピンチでした。
対する山形も攻撃に出て、ゴール前からのクリアを拾った小原がゴール前右の佐々木へスルーパス。
これで抜けた佐々木がすかさず中央へ折り返しますが、原のシュートはゴール右に外れ。
結果論ですが、佐々木は自分でシュートの方が良かったかもしれません。
ロスタイムにはゴール前左からフリーキックのチャンスを得ますが、財前のキックはキーパーが直接キャッチ。
結局このままタイムアップ、2−2のドローとなりました。

前半に2点リードしたという点では勝ちたかった試合ですが、内容的には負けていてもおかしくありませんでした。
前節は水戸のアンデルソンを完璧に封じた守備陣が、この日はフッキに相当手こずっていました。
ボールを持つと2,3人で囲まないとボールが奪えないような状態でした。
さらに、せっかくボールを奪っても、その次の展開で奪われる場面が特に後半多かったように思います。
防戦一方の時間帯を1点で凌いだのは、ある意味良かったと思います。
ということで、引き分け御の字ではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五連勝、ならず じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる