じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS こういう試合を勝てたのは、素直に嬉しい

<<   作成日時 : 2006/07/12 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日からJ2も第三クールです。
折り返し地点を過ぎました。
ミッドウィークの愛媛戦、いつものようにスカパー観戦です。
帰ってきたら前半14分でした。

スコアはまだ0−0。
さっそくスタメンを確認。
GK清水、DF内山、小原、レオナルド、臼井、MF財前、永井、渡辺、高橋、FWレアンドロ、林。
リザーブは、GK桜井、DF太田、MF佐々木、秋葉、FW根本。
出場停止の木村に代わって出場停止明けの臼井が右サイドバック。
最小限のメンバー変更ですが、臼井はこのところMFでの出場が多かっただけに、ちょっと心配なところはあります。

既に試合は始まっていたので、序盤の状況はわかりません。
実況などを聞く分には、愛媛の方が前線からのプレスで優位に立っていたようです。
が、私が見た時間からは一進一退という感じでした。
山形はボールをキープできる時間はそれほど多くないものの、中盤でパスが回った時にはチャンスになっていました。
永井がドリブルで中央を攻め上がる場面が何度か。
しかし、最後に狙ったスルーパスがことごとくあわず、得点を奪えません。

右サイドからのセットプレーの場面、財前の蹴ったボールはDFに当たりますが、こぼれ玉を内山がボレーシュート。
しかし、これがバーの上を越えていきます。
このあともチャンスがありましたが、得点ならず。
パス交換の場面で、お互いの意図があわないシーンが多かったように思います。
シーズン序盤の悪かった時期を思い出すような展開。
ただ違っていたのは、山形の内容が決して良いわけではなかったことでした。
結局前半はこのまま0−0で終了。

後半は愛媛のキックオフ。
開始早々から愛媛が攻勢に出ます。
ボールキープ率も圧倒的に愛媛。
山形は我慢の時間となりますが、キーパー清水の好守もあって得点を許しません。

すると今度は山形のチャンス。
右サイドでのつなぎから前線に送ったボールを受けようとした高橋が倒されてフリーキック。
ペナルティエリアギリギリのところでしたが、PKにはならず。
ボール付近に財前とレオナルド。
前節ゴールを決めたレオナルドが狙うかと思わせ、財前がフワっとゴール前へパス。
完全にフリーになった内山がヘッドであわせますが、ボールはバーの上に外れてしまいます。
タイミングはドンピシャだっただけに痛い・・・。
このあたりから嫌な予感がしてきました。

愛媛はFWの位置に江後を投入。
この江後が何度となくDFラインの裏のスペースを狙ってきます。
何度かDFラインを突破されて危ない場面もありましたが、決定力の無さにも助けられて得点には至りません。
しかし、センターバックのスピードの無さは、やはり山形のボトルネック。
少し上位のチームだったら確実にやられていました。

一方の山形も林に代えて根本、高橋に代えて佐々木を相次いで投入。
コーナーキックから小原がヘッドであわせるシーンもありましたが、キーパー正面をついてゴールならず。
時間がなくなるにつれ前線へのロングボールが増えますが、簡単に跳ね返される場面がほとんど。
せっかく中盤でボールを持っても、あせって前線にボールを送り、簡単に取られるという繰り返し。
だんだん点が取れないパターンになってきました。

後半も残り3分となったところで財前に代えて秋葉を投入。
こうなると攻め手はないように見えました。
しかし、ここから幸運が続きます。
DFラインから前線に送ったボール、ライナー性で厳しいボールでしたが、受けようとした秋葉が倒されてフリーキックに。
キッカーは佐々木、時計は44分を回っていました。
中央やや左の位置から、ゴール方向へ向かっていく強いボールを蹴ります。
これが誰にも触れずにゴールラインを割りますが、最後飛び込もうとした選手が倒されPKを獲得します。
倒した井上は2枚目のイエローで退場。
当然愛媛側は抗議しますが、判定は覆らず。

キッカーはレアンドロ。
かなりプレッシャーのかかる場面だったと思いますが、落ち着いてキーパーの逆をつきゴール。
ほぼラストチャンスをものにしました。
あとはロスタイムを残すのみ。
時間を使えばOKの場面で、右サイドに流れた根本にボールが渡ります。
定石通りコーナーフラッグ付近で時間を使うそぶりを見せる根本。
が、プレッシャーが少ないと見るや、一気にゴール方向へドリブル、そしてラストパス。
ここに飛び込んだのは、またもレアンドロ。
キーパーとDFの間を抜けたボールをスライディングであわせてダメ押しの2点目。
これで試合が決まりました。
2−0の勝利です。

正直いって内容的には負けゲームでした。
愛媛の決定力のなさに助けられたものの、1点取られて負け、もしくはスコアレスドローの雰囲気だったと思います。
最後にPKをもらえたのは本当にラッキー。
土壇場で運をつかみました。
落ち着いて決めたレアンドロは勝負強かったです。

長いシーズンの中には、こういう試合もあります。
ここで勝てたのは大きいと思います。
後々ポイントになりそうなゲームでした。

ただ、レオナルドがイエローをもらって時節出場できません。
このところ入れ替わりで出場停止の選手が出てきています。
ここをどうやりくりするかが悩みどころでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こういう試合を勝てたのは、素直に嬉しい じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる