じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 連勝ストップ

<<   作成日時 : 2006/07/17 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

で、今日スカパーの録画中継を見ました。
山形−湘南戦。

スタメンは、GK清水、DF木藤、内山、小原、木村、MF財前、永井、渡辺、臼井、FWレアンドロ、林。
リザーブはGK桜井、DF太田、MF佐々木、高橋、FW根本。
出場停止のレオナルドに代わって内山がセンター、左に木藤が入り木村が右に回ります。

序盤のボールポゼッションは湘南が上。
山形は中盤でボールがつながらずチャンスを作れません。
前半も中盤にさしかかろうかという頃、山形の左サイドでボールを競った中町と木藤が交錯。
倒れた木藤はピッチの外へ、中町にはイエローカード。
木藤がピッチに戻ったあと、ボールを奪いにいった内山の上げた足が相手選手にヒットしてしまい、内山にイエロー。
このあたりから試合が動き出します。

前半も半ばを過ぎたあたりから徐々にペースをつかんだ山形。
中盤でボールを受けたレアンドロから林へのスルーパス。
これで林が抜け出しドリブルでキーパーと一対一の場面。
ループ気味に浮かせるシュートを狙った林ですが、ボールが上がりきらずキーパー正面で弾かれます。
こぼれ玉を拾ったレアンドロから林にパスが渡りますが、ワンツーを狙った林のパスにレアンドロが追いつけず。

さらに右サイドのパス交換から、木村が前線に送ったパスは湘南の選手に当たりますが、跳ね返りを拾った木村がドリブルからミドルシュート。
これがキーパーを越えますが、ポストに直撃してゴールならず。
いい時間帯に点を奪えなかったことが後々響くことになりました。
前半はこのまま0−0で終了。

後半、木藤に代わってベテラン太田が今シーズン初出場。
木藤は前半にピッチの外で2回治療を受けていましたが、負傷のための交代だったようです。
木村が左サイドに回り、太田は右サイドに入ります。
ただ、サテライトの試合を見た限りではセンターバックの出場が多い太田。
サイドバックが本職とはいえ一抹の不安がありました。

すると後半開始早々、湘南の右サイドからのクロスを逆サイドのアジエルがフリーでボレーシュート。
ここはキーパー清水が弾いて事なきを得ましたが、ちょっと守備の不安が見え始めます。
さらに、ゴール前でドリブルを仕掛けた永井が身体を入れられ倒れます。
このとき受身に失敗したらしく、肩を痛めてそのまま負傷退場。
木藤に続き永井までもこの時間で欠くことになってしまいます。
代わって佐々木が右に入り、臼井がボランチの位置へ。
まだ後半は40分ほどあります。

それでも攻撃に出る山形。
ゴール前右でボールを持った林が前線へスルーパス。
ここに財前がスライディングで飛び込みますが、飛び出したキーパーに弾かれゴールならず。
このあと左サイドから中央に切れ込んだレアンドロがいい形でシュートに持ち込みますが、うまくヒットせずにキーパー正面のゴロ。
ここは林と動きがかぶってしまったのが痛かったです。

すると17分、湘南左サイドからのスルーパスで横山がペナルティエリアへ。
遅れて追いかけた太田が上手く身体を入れてボールはゴールラインを割りますが、倒れた横山を見て主審はPKの判定。
うーん、ファウル取られるほどのプレーでもなかったと思いますが、太田が遅れていったこととアウェーということも影響したかもしれません。
万事休すと思われましたが、このPKをキーパー清水がストップ。
逆をつかれていましたが、コースがほぼ正面だったため残っていた足でセーブしました。
これは清水の大ファインプレー。

しかし、先制点を湘南に奪われます。
DFラインまでボールが戻ったところから、左サイドの尾亦へミドルパスが通ります。
フリーでボールを持った尾亦がアーリークロスを送ると、ゴール前の石原がフリーでヘッド。
これにはいくら清水でもどうにもできず、ゴールを許します。
クロスがピンポイントだったのを褒めるしかないゴールでした。

こうなると攻めるしかない山形は林に代えて根本を投入。
同時に湘南はFWにフラビオを入れてきます。
この試合が初出場となったフラビオは、右サイドでボールを受けてのシュートがいきなりポストを叩きます。
一方の山形も佐々木が右から上げたクロスをペナルティエリアで受けたレアンドロが至近距離からシュート。
二アサイドを抜いた愛媛戦のゴールと同じような位置でしたが、ボールはバーの上を越えていきます。
相手に当たったというアピールも認められず。

このあとも両サイドから攻めるものの得点を奪えず。
湘南は二ヴァウドが傷んだフリをしてイエローをもらうなど、完全に逃げ切り体制。
終了間際にはキャッチミスした湘南キーパー伊藤がこぼしたボールに対し、佐々木と太田がお見合い気味になってクリアされ、それを拾った渡辺のミドルシュートもDFに弾かれノーゴール。
ここで伊藤も負傷して時間を使われます。
(まあ、これは本当にケガだったようですが)

前線でパワープレーをしようにもレオナルドは出場停止。
高さのないところにボールを放り込んでもそうそう点は取れません。
結局このまま0−1で試合終了。
22節に神戸に負けて以来、久しぶりの敗戦となりました。

まあ、負けるときはこんなもんでしょう。
レオナルドが出場停止だったこともありますが、前半で木藤、後半早々には永井が負傷退場という状況。
戦術的な交代ができませんでした。
それでもチャンスは作っていましたが、決定的な場面を決められず。
ちなみに点が取れなかったのは12節の鳥栖戦以来。
点を取れなければ勝てない、という実にシンプルな結果だったと思います。

ただ、昇格を狙うのであれば痛い敗戦。
下位チームに星を落とすという悪いクセが出てしまいました。
次の試合もレオナルドは出場停止。
木藤と永井のケガも心配です。
相手は東京ヴェルディ。
でも、山形は攻めてくる相手の方が相性が良いということがあります。
ここは気分を入れ替えて勝ってほしいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連勝ストップ じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる