じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなのサッカーじゃない

<<   作成日時 : 2006/07/23 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

風邪がまだ治っていません。
だいぶ良くなってますが。

今日は山形−東京ヴェルディの試合でした。
いつものようにスカパーで観戦。

スタメンは、GK清水、DF木村、内山、小原、臼井、MF財前、永井、渡辺、高橋、FWレアンドロ、林。
リザーブはGK桜井、MF佐々木、高林、秋葉、FW根本。
右SBに臼井が入り、木村が左SB、右サイドハーフには高橋が入ります。
リザーブメンバーにはDFがいない・・・大丈夫なんでしょうか。

そしてキックオフ。
序盤は両チームとも一進一退といった感じ。
山形も攻め込んで何度かコーナーキックのチャンスがあるも、得点には至らず。
対するヴェルディも右サイドからのクロスに斎藤がフリーでヘッドであわせるも、キーパー清水が弾いて得点を許さず。
至近距離からのヘッドでしたが、ほぼ正面をついてくれたため清水も反応できたのかなと。
ここまでは好ゲームだったんですが・・・。

試合が動いたのは前半30分。
それまでほとんどボールに触れなかった林がターゲット。
山形が前線にボールを送ったところでヴェルディの青葉がファウル。
ここで、林が報復に青葉を蹴ったということで?(真相はよくわかりませんが)、一発レッドの判定。
この時間で10人に。

さらに悲劇はこれだけで終わらず、その後しばらくして中盤のボール争いの場面でレアンドロがやはり一発レッド。
これはまったく状況がわかりませんでした。
林を一発レッドにしたことで判定の基準がおかしくなったのでしょうか?
不可解な判定によって前半で2人の退場者を出してしまいます。
こうなると、もはやまともなサッカーではありません。

FWがいないという4−4−0という布陣となった山形。
ヴェルディは前半のうちにDF青葉に代えて廣山を入れてきます。
まあ、DFを減らしても山形はFWいないですし。
といったところで前半44分、右からのクロスに交代した廣山が飛び込んでヘッドでゴール。
もう仕方ないでしょう。

後半、財前に代えて根本を投入。
2人少ないという状況で根本の一発にかける作戦かなと。
対するヴェルディも正直やりにくかったと思います。
2人少ない相手に全力でいくのも大人気ないし・・・という雰囲気がありました。
まあ、こうなってしまってはどうしようもありません。

後半の中盤からは永井に代えて秋葉、高橋に代えて佐々木を投入。
わずかなチャンスに望みを託します。
右コーナーキックからの内山のヘッドはゴール左にはずれ。
さらにカウンターから佐々木→秋葉とわたって、秋葉がDF二人をかわして放った渾身の左足シュートは無情にもポストに阻まれノーゴール。
運にまで見放されては打つ手がありません。

結局このまま0−1で敗戦。
追加点を奪われなかったのが唯一の救いでしょうか。

今日は試合の内容について語る気が起きません。
まさに審判に試合を壊されたといっていいでしょう。
私もあまり判定にどうこう言いたくはないのですが、今日は本当に残念でした。
主審の家本氏はある意味では正しい判定をしたのかもしれませんが、それでも「本当にそれで良かったの?」と聞きたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんなのサッカーじゃない じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる