じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 意地の勝利

<<   作成日時 : 2006/07/26 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はミッドウィークのJ2。
会社を早めに出てスカパー観戦です。
が、ちょっと出遅れたため、家に着いたら前半20分過ぎでした。
得点は0−1で鳥栖がリード。
試合後のリプレーによると、フリーキックが壁に当たってコースが変わって入ったようです。

まあ、気を取り直して。
スタメンはGK清水、DF内山、小原、レオナルド、臼井、MF財前、永井、渡辺、高橋、FW根本、阿部。
リザーブはGK桜井、MF佐々木、秋葉、FW氏原、原。
前節退場処分を受けたレアンドロと林は出場停止。
代わりに根本と阿部が久しぶりのスタメン。
また、2試合の出場停止が明けたレオナルドが復帰です。
木村がサブにも入っていないのは戦術的なものか、疲労を考慮したものか。
そしてサブにDFがいません。

さて、試合の方に目を向けると、山形の方がボールを回しているように見えました。
鳥栖が前線に送るパスも最終ラインがことごとくカット。
そしてFWの根本、阿部が中盤に下がってボールをさばく形ができていました。
が、そこから最後のシュートまで持ち込めない展開が続きます。

前半の終盤は逆に鳥栖がボールをキープする時間帯。
なかなかボールを奪えない展開となりますが、特に危ない場面もなく前半終了。
0−1で後半となります。

そして後半。
ここで山形は阿部に代えて氏原を投入。
氏原は実に久しぶりの出場となりました。

後半開始から根本が積極的なプレスを見せます。
前半は暑さもあって抑えていたのかと思わせるほどの激しいプレス。
勢いあまってセンターサークル付近で鳥栖の選手を倒してしまいますが、この姿勢がチームに勇気を与えたように思います。
しかし、鳥栖の選手は警告も出なかったことでイライラを感じていたかもしれません。

そして迎えた後半7分、ペナルティエリア右から高橋がシュート気味に逆サイドに蹴ったボールを根本が押し込んで同点。
これが根本の今シーズン初ゴールとなりました。
オフサイドを主張して抗議した鳥栖の金にイエローカード。
この判定にユン・ジョンファンが副審に詰め寄ります。
これが後の伏線となりました。

数分後、中盤のボールの奪い合いで露骨にラフプレーを働いたユンにイエローカード。
さらにその直後、右サイドでボールを奪いにいった内山がユンを倒すと、それに対してユンが報復行為。
これはさすがに一発レッドで退場。
主審のまわりに選手が集まり、一触即発といった危険な状況になります。
ここでユンに抗議したのが元鳥栖の氏原。
男気あふれる行動でしたが、結果騒ぎが終わったあとにイエローをもらうことになってしまいました。

ともかく、まだ30分以上残っている時点で山形が一人多い状況になりました。
前節は審判に泣かされましたが、この日はツキもあったように思います。
これで流れは山形。
そして迎えた後半19分、ゴール前右でボールを持った臼井。
目の前には鳥栖の選手が3人という状況でしたが、スペースがあるのを見ると3人の中心に向けてドリブル、そして抜ききらないうちにクロス。
これをファーサイドの氏原がヘッドであわせ、ついに勝ち越し。
第二クール鳥栖戦で幻のゴールを決めた氏原、ようやく今シーズン初ゴール。

こうなると完全に山形ペース。
鳥栖がプレスにこないと見るや、財前を中心にゆっくりショートパスを回す余裕の展開。
暑さもあって鳥栖の選手も足が止まりだしました。

山形は高橋に代えて佐々木、終盤には根本に代えて秋葉を投入。
根本は交代直前にキーパーと一対一のチャンスがありましたが、決めきれず。
まあ、あれだけ走ったのだから仕方ないでしょう。
一方の鳥栖も一気に選手を二人交代させて勝負に出ます。
終盤には左からのクロスを新居がフリーであわせますが、バーの上を越えてノーゴール。

そして試合もそろそろ終わろうかという時間にアクシデント発生。
左サイドで佐々木が裏に出したボールを受けようとした財前が転倒。
何でもないプレーに見えましたが、財前は倒れたまま起き上がれず。
治療にあたったトレーナーは×を出し、残り数分というところで退場。
10対10となります。

ロスタイムは4分。
同じ人数となった鳥栖も最後の攻撃を見せ、立て続けにコーナーキックとなります。
キーパーのシュナイダーまで上がる粘りを見せますが、山形DF陣が落ち着いてクリア。
最後は佐々木が裏に抜けキーパーと一対一のビッグチャンスを迎えますが、キーパーをかわして放ったシュートはゴール右に外れ。
うーん、あそこまでやったら決めないと。
まあ、ともあれそのままタイムアップ。
2−1で逆転勝利となりました。

レアンドロ、林の二枚看板を欠く苦しい試合となりましたが、あえて攻撃的な布陣で臨んだ成果が出たと思います。
根本と氏原は共に今期初ゴール。
今まで控えに甘んじていた選手が意地を見せました。
意地という意味では、この日はチーム全体で意地を見せたように思います。
前節ああいう形で負けたことで、逆にチームの結束が高まった気がしました。

まあ、最後は鳥栖が自滅した格好ですが、ともかく勝ったのは大きいです。
ただ、財前のケガが気がかり。
最初は演技かと思ったほどですが、ピッチに戻れなかったところを見ると深刻なケガかもしれません。
今シーズンチームの核となっている財前を欠くことになるとピンチです。
今は状況を見守りたいと思います。

この勢いを次につなげましょう。
週末はホームで神戸戦です。
前回2−4で負けたリベンジを。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
意地の勝利 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる