じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 内容をとるか結果をとるか

<<   作成日時 : 2006/07/08 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜日は恒例のスカパー観戦。
山形と徳島のナイトゲームです。

前節首位柏に勝って勢いに乗る山形。
対する徳島は連敗中と、これだけ見れば山形が有利ではあるんですが。
さて、スタメン。
GK清水、DF内山、小原、レオナルド、木村、MF財前、永井、渡辺、高橋、FWレアンドロ、林。
リザーブはGK桜井、DF太田、MF佐々木、秋葉、FW根本。
前節イエローをもらった臼井が出場停止です。
代わりに高橋が久しぶりの先発。

キックオフ。
雨のゲームとなったこの試合、最初のプレーで小原が相手を倒してフリーキックを与えてしまいます。
ピッチから上がる水しぶき。
かなり水を含んでいるようです。
ゴール前やや右という嫌な位置からのフリーキック、ジョルジーニョが直接狙いますが、キーパー清水がキャッチ。
キーパーの手前でワンバウンドする嫌なボールを蹴ってきましたが、清水がしっかり抑えました。

さすがにこのピッチコンディションでは両チームともロングボールが多くなります。
山形も前線にくさびが入ったボールを戻すと、後方の選手が前方に蹴りだすという現実的な作戦をとっていました。
序盤は徳島の方がチャンスが多かったように思いますが、山形も守備陣も身体をはってゴールを許しません。

そして迎えた前半12分、ゴール正面のフリーキック。
やや距離がある位置でしたが、財前が短く出したボールをレオナルドがミドルシュート。
これがキーパーの頭上を強烈にやぶってゴールに吸い込まれます。
徳島のボールへの寄せが甘かったせいもありますが、これはレオナルドのシュートが見事。

しかし19分、左サイドからのクロスを内山がヘッドでクリアしますが、勢いが弱く中央でルーズボールに。
競りにいった渡辺より一瞬早く徳島の選手がヘッドへ前方へパス。
これをゴール正面で受けた玉乃、小原が当たりに行きますがキープされ、振り向きざまの左足シュートがゴールに突き刺さってしまいます。
うーん、小原はちょっと軽率なプレーでした。
これで同点。

ここからは一進一退の攻防になります。
徳島はトップ下にいる玉乃にボールが集まり、そこからの展開で左サイドの片岡にボールが渡る場面が多くなります。
しかし、対面する木村が一対一の強さを見せてピンチを凌いでいました。
一方の山形は悪いピッチにも負けずに中盤でパスを繋ぎます。
前線にくさびが入ってからのワンツーがさえ、たまらずファウルで止める徳島の選手に立て続けにイエローカードが。
それでも早めにチャンスを潰されてしまってゴール前までなかなかボールを運べません。
早めに前線にボールを送る徳島のペースになりますが、山形の最後のところで踏ん張り得点を許さず。
結局前半は1−1で終了します。

後半もメンバーチェンジなし。
前半よりもピッチ上の水が減ったように見えました。
中盤でのパス交換がやりやすくなったようでした。

迎えた後半8分、まさに中盤でのパス交換が冴えます。
ワンタッチパスを何本かつなぎ、最後は中央の高橋から左のレアンドロへスルーパス。
これが少し長くなってしまいますが、レアンドロが追いつくとゴール前へクロス。
フリーで飛び込んだ高橋がヘッドで叩きつけたシュート、キーパーが横っ飛びでキャッチしますが、雨で滑ったのかファンブルしてボールがゴール方向へこぼれます。
これを林がスライディングで押し込んで勝ち越し。
リプレイで見ると掻き出そうとしたキーパーの手に当たってゴールに入ったようにも見えましたが、記録は林のゴールとなったようです。
個人的には高橋のゴールにして欲しかったなーと思いました。
しかし、レアンドロの左サイドからのクロスは本当に正確。

これで流れは山形に。
後半18分、コーナーキックから徳島の選手にクリアされますが、こぼれ玉を拾って左サイドの内山へ。
内山が後ろに戻したボールを永井がワンタッチでゴール前へグラウンダーのパス。
これを受けた林が振り向きざまにゴール右スミに決めて3点目。
徳島はオフサイドを主張しますが、一人選手が残っていたらしく判定は変わらず。
オフサイドトラップに失敗した感じです。

このあと林に代えて根本を投入。
2ゴールの林はお疲れ様ってところでしょうか。
すると後半30分、カウンターで中央から右サイドに開いた根本へパス。
これを受けた根本がゴール前へ丁寧にラストパス。
ピッチの水でボールが止まってしまいますが、レアンドロがワンタッチでボールを運ぶとキーパーのニアを抜いてシュートを決めます。
これで4点目。
チャンスを確実に活かして点差を広げていきます。

このあとは財前に代えて秋葉、高橋に代えて佐々木を相次いで投入。
失点を重ねて間延びした中盤を使って何度となくカウンターチャンスを迎えます。
しかし、最後の詰めが甘く得点はなし。
確かJ2で山形が5点以上取ったゲームはないのですが、今日もそのジンクスが破られませんでした。
この日の徳島ならチャンスはあったと思いますが。

ともかくゲームはこのまま4−1で終了。
二試合連続で3点差の勝利となりました。
内容的には決して良くはなかったのですが、それでも4点取って勝ってしまうんですから、サッカーは不思議なものです。
第二クールは総じてそうですが、内容は良くても勝てなかった第一クールと対照的です。
まあ、ようやく結果が出るようになったということでしょう。

残念だったのは木村がイエローカードをもらい、累積警告で次節出場停止になったこと。
木村の守備力と豊富な運動量は、かなりチームに貢献していると思います。
両サイドバックできる器用さもありますし、影のMVPといっていいでしょう。
そこの穴をどう埋めるかがポイントになりそうです。

これで第二クールも終了。
総括を明日やりたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内容をとるか結果をとるか じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる