じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝てないなー

<<   作成日時 : 2006/09/30 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

横浜FC戦をスカパーで見ました。
今期はここまで3戦全敗と勝ち点すらとれていません。
最後に意地を見せてほしいところです。

スタメンは前節とまったく同じ。
GK清水、DF内山、小原、レオナルド、太田、MF宮沢、渡辺、永井、臼井、FW秋葉、原。
リザーブはGK桜井、DF前田、MF佐々木、FWレアンドロ、氏原。
レアンドロが久しぶりにベンチ入りです。
しかし、苦肉の策と思われた前節のスタメンが今日もそのまま。
これが現状ベストの布陣ということなのでしょうか?

そしてキックオフ。
序盤は横浜のプレッシャーが弱かったこともあり、前線でいい形でボールを持てる時間が続きました。
FW原の動き出しも良く、DFラインからの長いボールが収まってチャンスになりかける場面も。
この試合、くさびを受けた選手が一旦落として前を向いた選手が展開、という形が徹底されていたように見えましたが、まったくフリーの状況でくさびを受けた時などターンして前を向ける場面が何度もありました。
見た目パスはつながっているのですが、相手としてはあまり怖さがなかったんじゃないかと思います。
このため横浜の守備陣を崩すまでは至らず、得点を奪えません。

すると前半9分、山形陣内でのボール回しのときにボールを奪われ、こぼれ玉を拾ったアレモンがワンタッチで小原を抜き去ります。
こうなると追いかけるレオナルドは追いつけるはずもなく、キーパーとの一対一を決められて先制点を許します。
キーパー清水も触っていたものの、弾いたボールは無情にもゴールへ。
第三クールでの対戦と同じような形でアレモンにやられてしまいました。

このあともカウンターから危ない場面を迎えますが、オフサイドに救われてノーゴール。
さらにペナルティエリア手前でフリーキックを与えてしまいますが、直接狙ったカズのシュートはゴールわずか左に外れ。
ピンチを凌ぎます。
そして迎えた前半23分、左サイド深い位置でボールを持った内山がゴールライン際で相手をかわしてドリブル突破。
マイナスに折り返したラストパスを原があわせて同点。
ライン際での突破は内山の得意とするプレーですが、ここまでキレイに点が決まったのは久しぶりです。
これで原は2試合連続のゴール。

さあ、これで振り出しに戻ったと思ったのも束の間、なんと原のゴールシーンのリプレーが流れている間にアレモンに勝ち越しゴールを決められてしまいます。
結局最後までこのゴールシーンは流れなかったのでどういう点だったのか不明ですが、せっかくの同点ゴールがフイになる失点。
今シーズンはこういう形の失点が多い気がします。
これで気落ちしたのか、5分後には右サイドを簡単に突破されると、角度のないところから内田に決められて3点目。
見ている方もガックリです。

反撃に出たい山形は左サイドから中央に入れたボールを秋葉がミドルシュートしますが、ゴール左に外れ。
さらに左コーナーキックから宮沢の上げたボールを競り合いながら小原がヘッドであわせますが、これはゴール右に外れ。
結局前半はこのまま1−3で終了します。

後半、太田に代わってレアンドロが登場。
臼井が右SB、秋葉が右SHとそれぞれ一列下がり、原とレアンドロの2トップとなります。

するとレアンドロが絡んでチャンスが何度も生まれます。
まず後方からのロングパス一発で抜け出しますが、切り替えしたところをDFに囲まれシュートできず。
直後には右サイド深い位置にドリブルした秋葉からの低いクロスを足であわせますが、ボールはバーの上。
いや、そこは足じゃなくてダイビングヘッドでしょ。
さらに中央下がってボールを受け、ドリブルで持ち上がりますが、ゴール前で足がもつれて転倒。
ケガから復帰のレアンドロ、やはりまだ本調子ではなさそうです。

ここで原に代わって氏原がピッチへ。
すると左サイドでボールを受けた内山が対峙するDFをかわしてドリブル突破、ペナルティエリア内でマイナスのパスを送りますが誰にもあわず・・・。
一点目のような形はそうそう起きないようです。
が、さらに左サイドから攻撃を仕掛ける山形。
スルーパスを受けた宮沢がクロスを送ると、レアンドロが今度はダイビングヘッドであわせてゴール。
こういうところを決めるあたりはさすがです。
後半25分、これで1点差。

残り時間は20分あまり。
後半になって運動量の落ちた横浜に対して怒涛の攻撃を見せます。
中央から右サイドでフリーになった秋葉にパスがわたると中央へクロス。
しかし精度を欠きキーパーにキャッチされます。
やはりラストパスの精度が・・・。
このあと宮沢に代わって佐々木を投入。
秋葉と入れ替わる形で右に入った佐々木にボールを集めて得点を狙います。

終盤、山形の選手が倒されたところで小野にイエローカード。
そのあと意義を唱えたのか、立て続けに2枚目が提示されレッドカード。
残り5分で数的にも優位に立ちます。
しかし、最後のところで決定力がないのは変わらず。
中央でボールを持った永井が早いタイミングでスルーパスを送りますが、氏原、レアンドロ共にあわせられず。
横浜の方も、終盤に倒れて時間をかせぐマリーシアは相変わらず。
試合巧者という点では横浜の方が上と言わざるを得ないでしょう。

そして4分のロスタイムもあっという間に過ぎていきます。
コーナーキックからヘッドであわせた内山のシュートはバーの上。
最後までチャンスを作り出せずタイムアップ。
横浜に破れ、数字の上でも昇格の可能性が消えたそうです。
9月中というのは早いですね・・・。

試合内容については、あれこれ書いても仕方ないでしょう。
昇格がなくなったのであれば、来期を見据えた選手起用をしてほしいなと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[横浜FC]J2第43節 対モンテディオ山形@べスパ
横浜はキャプテンうの字が率いる山形とアウェイで山形最終戦を戦い、前半を3-1、後半1点差に詰め寄られた上、トモキチを退場で失いピンチに立たされますが、これを何とかしのぎきり勝利。神戸は3位に交代。明日の開催となる柏の結果次第ですが、現在のところ首位、最悪でも2 ...続きを見る
ウタカタ ノ ヒビ
2006/10/01 13:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝てないなー じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる