じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝てる試合だったかなあ

<<   作成日時 : 2007/03/18 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は山形のホーム開幕戦でした。
相手は今年からチーム名が変わった京都サンガF.C.。
2試合続けてJ1からの降格チームが相手です。
まあ、私は例によってスカパー観戦ですが。

スタメンは開幕から同じです。
GK清水、DF石川、小原、レオナルド、木村、MF財前、秋葉、渡辺、宮沢、FW豊田、北村。
リザーブはGK遠藤、DF園田、MF佐藤、FW横山、林。
出場停止の臼井に代わってルーキー佐藤健太郎が初のベンチ入りです。

そしてキックオフ。
開始時の気温は4度と言っていました。
小雪舞う、見ているだけでも寒そうな天気です。

序盤、積極的に攻撃に出たのは風下に立った山形。
両サイドを使ってゴール前へクロス、という形を何度となく作ります。
しかし、京都は割り切ってゴール前を固めているのか、ことごとくクロスを跳ね返されてしまいます。
連続して得たコーナーキックも得点に結びつかず。
それならばと、左サイドから中央へのパスを受けた渡辺が相手をかわしてミドルシュートを狙いますが、キーパーに弾かれゴールを奪えません。

序盤の好機を活かせなかった山形に対し京都は前半8分、山形の左サイド石川が前線にフィードしたボールをDFがクリア、小原がラインを上げますがオフサイドを取ってもらえず、右サイドでボールを受けたアンドレが独走。
ライン際から中央に折り返されると、これを中山に蹴り込まれてあっさり失点してしまいます。
山形もゴール前に人数がそろっていたものの、走りこんでくる中山をマークしきれませんでした。
まさにワンチャンスを決められた形です。
うーん、去年何度も見たような・・・。

とにもかくにも、今期初めてリードを許す展開になってしまいます。
とはいえまだ時間は多く残っています。
再び攻撃に出る山形。
ゴール前右で得たフリーキックを宮沢が直接狙いますが、キーパーに弾かれノーゴール。
さらに両サイドの宮沢と財前が頻繁にポジションチェンジしてサイド攻撃を見せるものの、最後のパスやシュートに精度を欠いてしまいます。
これも去年よく見たような形でしょうか。

ただ、こういった展開でカウンターから失点することが去年は多かったわけですが、今日は何度かあったピンチにもゴールを許しませんでした。
前半はこのまま0−1で終了。

後半に入ると雪がひどくなってきました。
しかし、風上に立った山形は同点を狙って攻撃に出ます。
序盤に後方からのスルーパスに反応した豊田がペナルティエリアのすぐ外でキーパーに倒されます。
京都キーパーの上野にはイエローカード。
まあ、一発レッドが出てもいいようなプレーでしたが、豊田も半分もらいに行っていたフシがあるので仕方ないかもしれません。
このフリーキックも得点には結びつかず、逆にカウンターを受ける始末でしたが、なんとか失点は防ぎました。

迎えた後半19分、ボランチの渡辺が足を痛めたため佐藤がピッチに。
本人にとっても予想外のデビューだったのではないでしょうか。
さすがに緊張していたのか、パスを受けた相手に後ろからスライディングをかましてイエローをもらってしまいました。
プレーもちょっとビビりながらやっている感じでミスもありましたが、最後の方は落ち着いてプレーしていたように思います。
まずまずのデビューではないでしょうか。

試合の方は後半28分、左からのコーナーキックで蹴るのは財前。
速いボールがファーサイドを襲うと、相手キーパーとDFの間にこぼれたボールを秋葉が押し込んで執念の同点ゴール。
ようやくセットプレーから追いつきました。

しかし、その数分後には逆に大ピンチ。
レオナルドがかわされてゴール前に攻め込まれ、左にパスを出されるとキーパー清水と1対1の形に。
ここで清水は飛び込まず、相手の前に立ちふさがってシュートを打たせませんが、中央にパスを出されて万事急す、と思ったところで京都の選手がトラップしたボールを石川がスライディングでクリア。
結果的に失点につながるフィードをした石川が汚名返上のプレーでした。

後半42分、財前に代えて横山を投入。
最後に勝ち越しを狙います。
迎えたロスタイム、中央右でボールを受けた宮沢のスルーパスで飛び出した秋葉がシュートを打つもキーパーに弾かれゴールならず。
このコーナーキックからの流れでボールをつなぎ、ペナルティエリア左でのボールキープからヒールパスでシュートを打ちますが、枠を外れてゴールならず。
(この流れは選手が誰か確認できませんでした・・・)
開幕の水戸戦の決勝ゴールを彷彿させるプレーでしたが、得点を奪えず。
最後のプレーとなった右コーナーキック、宮沢がファーに蹴ったボールを小原がヘッドであわせますが、ゴール左に外れ。

結局このままタイムアップ。
1−1で2試合続けてのドローとなりました。

スコア的には前節と同じだったわけですが、今日の試合は勝てるチャンスがあったと思います。
序盤にいい流れになった時に点が取れず、逆に失点してしまったことでリズムが崩れてしまいました。
コーナーキックは前後半あわせて実に15本。
これだけあって1点しか取れなかったのは残念でした。
が、とりあえず追いついて引き分けに持ち込んだのは収穫ともいえます。
また、ルーキー佐藤がデビューを果たしたのも明るい材料です。

去年とは違って、まず結果が出ているのは良いことじゃないかなと思います。
次の第4節は3日後ですが、山形は試合なし。
また一週間調整できることで内容も良くなってくることが期待できます。
なんとなくめぐり合わせも良い感じ。

次はキッチリ勝ちが見たいところですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝てる試合だったかなあ じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる