じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3連勝!

<<   作成日時 : 2007/04/15 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山形−C大阪戦をスカパー観戦しました。
共に2連勝中ということで、調子が上がってきたチーム同士の対戦です。
セレッソは出足でつまづいたものの、降格組には違いないので油断できないところ。
忘れもしない2002年の開幕戦では0−6という屈辱的な大敗を喫した相手でもあります。
あの頃のメンバーはほとんど残っていないわけですが、是非リベンジを。

スタメンは、GK清水、DF石川、小原、レオナルド、木村、MF財前、秋葉、渡辺、臼井、FW豊田、北村。
リザーブにGK遠藤、MF佐々木、宮沢、FW横山、林。
前節欠場した渡辺が先発に復帰して宮沢はベンチ。
DFの控えがいないという刺激的なメンバーです。

そしてキックオフ。
いつものように両サイドから攻撃を仕掛ける山形、対するセレッソは苔口、古橋の2トップがDFの裏のスペースを狙うという展開になります。
序盤は一進一退の攻防。
前線から引いてきた豊田にボールが収まった時はチャンスができていました。
ポストプレーもだいぶ向上してきたように思います。
また、相棒の北村が再三スペースで飛び出してボールを受けていました。
正直もうちょっと上手ければなあ、という思いもありますが、動きの質は上がってきています。
ようやく2トップの連携も良くなってきていると思いました。

試合の方はサイドから仕掛ける山形が何度かチャンスを作りますが、最後のクロスに精度を欠いて得点ならず。
一方のセレッソもコーナーキックやフリーキックのチャンスが何度かありましたが、山形DF陣も集中して得点を許しません。
今年のセレッソはセットプレーからの得点が多いようなので、ある程度スカウティングができていたのかもしれません。

前半の中盤過ぎには、セレッソのゼ・カルロスが自陣からクリア気味に蹴ったボールで選手が抜け出しあわやキーパーと1対1という場面になりますが、石川が決死のスライディングでシュートをブロック。
石川は何度もこういった場面でピンチを防いでいます。
スピードに難のあるセンターバックの傍らにいる木村、石川の両サイドはかなり貢献していると思います。
一方の山形、右サイドのスペースでボールを受けた臼井、オーバーラップした木村を横目に切り返して中に切れ込むと左足でシュート。
ゴール右スミのいいコースに飛びますが、ここはキーパーが横っ飛びでセーブ。
それで得た右コーナーから財前の蹴ったボールに中央で小原がヘッドであわせるもゴール右にハズレ。
両チームともチャンスを活かせず得点を奪えません。

このまま前半はスコアレスで終了。
まずは先に失点しないことがカギだと思っていたので、この結果は上々でしょう。

後半、セレッソは苔口に代えてデカモリシこと森島康仁を投入してきます。
一方の山形はメンバーチェンジなし。
そして序盤から山形が攻勢、左サイドでボールをキープした豊田がヒールパス、裏でボールを受けた財前が中に切れ込んで右足で狙うもキーパーがセーブして得点ならず。
しかし迎えた後半6分、山形の波状攻撃。
セレッソゴール前でクリアされたボールを中盤で拾って右サイドに展開、木村が送ったクロスはファーサイドまで流れますが、左サイドで財前がキープ。
中央にいた臼井にパスを送るとDFラインの裏へ、注文通りに臼井がワンツーパスを送ると財前がDFと競り合いながら中央へラストパス。
これを北村が左足であわせると、キーパーの手を弾いてゴールイン。
待望の先制点を奪います。
これで3試合連続で先制、北村は2試合連続ゴールとなります。

今シーズン先制すると負けなしの山形、これで勢いに乗ります。
コーナーキックから豊田が放ったヘッドはキーパー正面。
このあとゼ・カルロスが右サイドから上げたクロスにファーサイドで羽田にヘッドを許しますが、キーパー清水がガッチリキャッチ。
逆に山形は、左サイド財前のクロスがDFに当たったこぼれ玉を豊田がダイレクトでシュートしますがこれもキーパー正面。
この押し気味の時間に点が取れていればもっと楽な展開になっていたのですが。

柿谷、中山と控えのFWを全員投入してきたセレッソ。
まあ、FWのサブが3人ってのもスゴイことですが。
追いつくために猛攻を仕掛けてきます。
ここで少し押されてしまった山形、迎えた後半31分、山形の右サイドでフリーキックを与えてしまいます。
古橋の蹴ったボールはライナーでゴール方向へ、ゴール前の密集を抜けたボールは誰にも触れることなく、ファーサイドでフリーになっていた酒本がヘッドであわせて同点。
これはキーパー清水もどうしようもありませんでした。
これで1−1、嫌な展開になります。

このあともセレッソの攻勢が続き、自陣中央で木村が相手を倒してイエローカード。
ゴール正面の嫌な位置でフリーキックを与えてしまいます。
壁に入った選手がしゃがんでボールを隠す作戦に出たセレッソ、フリーキックから直接狙いますが、キーパー清水がかろうじてクリア。
このあとのピンチも凌ぎます。
ここから山形もようやく選手交代、豊田に代えて横山、財前に代えて佐々木を相次いで投入します。

先週の愛媛戦で交代後すぐに結果を出した佐々木が今日もやってくれました。
迎えた後半42分、右サイドでボールを受けるとドリブルからライン際まで進入してクロス、逆サイドでDFの前に身体を入れた臼井がそのままの勢いでヘッドを決めて貴重な勝ち越しゴール。
スピードスターの競演でゴールを奪いました。
こうなればあとは残り時間を凌ぐだけ。
気落ちしたのか単調になったセレッソの攻撃にも助けられ、楽々逃げ切ってタイムアップ。
2−1で3連勝を飾りました。

真価が問われると思ったセレッソ戦ですが、ここにきてゲームの内容も良くなってきました。
水曜日に試合があったばかりでコンディションも心配されましたが、最後まで運動量も落ちませんでした。
これは良かったと思います。
フィニッシュの精度も徐々に良くなってきて、3連勝中はすべて2得点以上。
上位を狙う体制は整ってきたといえます。

このあと、来週末からまたミッドウィークを含む3連戦。
そろそろ疲労も出てくる時期だと思いますが、下位チームに取りこぼしのないように乗り切って欲しいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3連勝! じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる