じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 連勝ストップだけど価値あるドロー

<<   作成日時 : 2007/04/25 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連続投稿。
今日はみちのくダービー、ということでスカパー観戦です。

前節で財前、木村が負傷交代してしまいましたが、やはり今日はメンバーに入れません。
スタメンはGK清水、DF石川、小原、レオナルド、臼井、MF宮沢、秋葉、渡辺、佐々木、FW豊田、北村。
リザーブにGK遠藤、DF園田、MF佐藤、FW横山、林。
結局は前節の後半のメンバーがそのままです。
臼井、佐々木の右サイドは攻撃的である反面、守備には不安が。
このあたりがポイントになりそうです。

雨でピッチに水溜りも広がる中キックオフ。
このところこういうコンディションが多いですね・・・。
開始早々、中盤でボールをつなぐと宮沢からゴール前の豊田へパス。
トラップから右足を降りぬきますが惜しくもゴール右に外れ。
いきなり得点の予感が漂いましたが、先制点は思わぬ形から。
仙台の後方からのロビングを胸トラップの形でパスされると、ロペスがワンタッチでパス。
小原がアタックに行っていたためぽっかり空いたDFラインの間でパスを受けた中島が、これまたワンタッチで裏に抜けると飛び出したキーパー清水より早くシュート。
これがゴール右スミに決まって久しぶりに先制を許します。
まさに一瞬の隙を突かれた形。
清水が腕を振り上げて怒るのも無理はありません。

しかし、まだ開始5分ということで反撃の時間は多くあります。
ここからも山形が押し気味に試合を進めます。
そして迎えた12分、北村が粘ってシュートに持ち込んで得た左コーナーキック。
佐々木が蹴ったボールをゴール正面で小原がヘッド、これがゴール右に決まって同点に追いつきます。
先にジャンプした小原が競った選手より頭ひとつ抜けていました。

あっさり追いつき試合は振り出しに。
ここからは試合も落ち着くかと思われたのですが、そうはいきませんでした。
前半20分、仙台が右サイドから上げたクロスはゴール前へ。
相手FWと競ったレオナルドがジャンプするも被ってボールは後方へ、あろうことかすぐ後ろにいた臼井に当たってボールはゴール方向へ。
キーパー清水が必死に横っ飛びするも追いつけず、なんとオウンゴール。
うーん、飛び上がったレオナルドがブラインドになって臼井は反応できなかったわけですが、不運な形で勝ち越しを許してしまいました。

ということで、またも追いかける展開に。
2点目は崩された形ではないですし、まだまだ勝機はあります。
すると迎えた34分、右コーナーキックでキッカーは宮沢。
早いクロスをゴール前に送ると、飛び込んだ豊田がドンピシャのヘッド。
相手キーパーが一歩も動けないゴールが決まって再び同点。
これで豊田は2試合連続ゴールです。
スタメン起用された佐々木、宮沢が共にアシストで結果を残しました。

このあと両チームとも勝ち越しを狙って攻めますがゴールを奪えず。
前半は2−2で終了。
攻撃的布陣の山形にピッチ状態も手伝って点の取りあいという展開になりました。
ちなみに2失点は既に今シーズン最多です。

後半もメンバーチェンジはなし。
そして、後半早々に試合が動きます。
セットプレーでゴール前に上がっていたレオナルドですが、倒されるもファウルはなし。
クリアした仙台が攻めるも山形が跳ね返し、中盤でルーズになったボールに反応したのは立ち上がって後方に戻りかけていたレオナルド。
再び前に出てボールに触れようとしたレオナルド目掛けて突っ込んだ白井が足の裏を見せた状態で交錯。
両者倒れますがレッドカードが提示されたのは白井。
スパイクされたレオナルドの足からは出血するほどの激しさで、一発レッドも当然のプレーでした。
両チーム入り乱れてあわや乱闘の騒ぎに。
普段冷静なレオナルドもエキサイトしていました。
このタイミングで仙台はFW萬代に代えて永井。
去年まで山形にいた永井が思わぬ形で出場を果たします。

とにもかくにも試合再開。
レオナルドもほどなくピッチに戻ります。
そしてその直後、仙台が後方から前線に送ったボールに対し、レオナルドが気負いすぎたのかヘッドが被ってボールは後方へ。
これが前線のFWに渡ってしまい、後方から追いかけてペナルティエリア内で体当たり気味に倒してしまった小原がファウルを取られてPK献上。
今年はホントにPKが多い・・・というか、ペナルティエリア内の守備を見直した方が良さそうです。
このPKをロペスに落ち着いて決められ2−3。
せっかく数的優位に立ったのにまたもリードを奪われてしまいます。

時間的にはまだ30分以上残っています。
一人多い山形はここから猛攻を仕掛けますが、なかなか点を奪うことができません。
宮沢が左サイドから中に切れ込んで打った右足シュート、右サイドを突破した北村がゴール前の豊田に送ったラストパス、いずれもゴールならず。
迎えた後半27分には渡辺に代えて横山を投入。
横山がトップ、北村が左サイド、宮沢がボランチという形に。
さらに31分には左サイドの石川に変わって園田がJリーグ初出場。
レオナルド、小原、園田の3バック、佐々木、臼井の両サイド、豊田、北村、横山の3トップ気味の布陣となります。
カウンターを受けたら大ピンチという、久しぶりにみた超攻撃的布陣。
しかし、なかなか得点を奪うことができません。

そして残り時間も5分を切った後半42分、山形の波状攻撃。
何度かクリアされるもボールを拾っての連続攻撃を仕掛けます。
そしてクリアボールを拾って上がったのはDFのレオナルド、ドリブルから右サイドに送ったところに走り込んだのもDFの小原(!)。
小原が送ったクロスは相手選手に当たってゴール前へ、落下点でオーバーヘッドを狙った豊田がつぶされますが、ワンバウンドしたボールが逆サイドの宮沢のところへ。
利き足でない右足で打った宮沢のボレーがバーを叩いてゴール内に落ち、土壇場でついに同点に追いつきます。

こうなると勢いは山形。
勝ち越しを狙ってロスタイムに北村に代えて林を投入。
4分のロスタイムも攻め続けますが、仙台の守備を崩せず。
終了間際にゴール前でフリーキックのチャンスを得ますが、佐々木の蹴ったボールはクリアされて得点ならず。
結局このままタイムアップ。
3−3でドローとなりました。

予想通りというか、点の取りあいになってしまいました。
ずっと不動だったDFラインの一角である木村の不在が響いた形もあると思います。
その分3点取ったわけで、ある意味では想定の範囲内でした。
まあ、それでも3回先行されて3回追いついたのは評価できると思います。
価値あるドローといって良いでしょう。

個人的には見ていて面白い試合だったと思いました。
この内容だったら負けていても納得できたような気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連勝ストップだけど価値あるドロー じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる