じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦しいながらも負けなかったことが収穫

<<   作成日時 : 2007/05/13 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はホームで東京V戦。
いつものようにスカパー観戦です。
試合前にちょっとした機器トラブルがあったものの、開始には間に合いました。
危ない危ない。

前節で首位に立ったものの、累積警告やケガのためメンバー的には苦しい状況です。
スタメンはGK清水、DF石川、鷲田、小原、園田、MF財前、宮沢、佐藤、臼井、FW横山、北村。
リザーブはGK遠藤、DF前田、木藤、FW林、坂井。
出場停止はレオナルド、秋葉、豊田。
さらにボランチの渡辺も欠場ということで、ルーキーの佐藤が初スタメンです。
右サイドバックには園田が復帰、FW横山も今シーズン初スタメンとなりました。
サブの前田も今シーズン初のベンチ入りです。
かなり平均年齢も下がってますね。
対するヴェルディは前節で連敗をストップし、ラモス監督の首もつながったということで、ある意味勢いがあります。
そんなに簡単な試合にはならない予感。

そしてキックオフ。
強めの風が吹く中、前半は風下に立った山形。
開始早々、最も警戒すべきフッキにドリブルで持ち込まれ角度のないところからシュートされるも枠の外。
ゴールこそならなかったものの、あのスピードはやはり脅威です。
対する山形も左からのコーナーキックを得ると財前がショートコーナー、北村からのリターンを受けた財前がゴール前に上げたクロスを横山がヘッドで狙いますが、これも枠の外。
上手くフリーになった横山ですが、後方にいた鷲田とポジションが被ってしまいました。
位置的には鷲田の方が良かったかもですが・・・まあ仕方ありません。

両チームともチャンスを逃した後は一進一退の展開。
アウェーのヴェルディの方がボールの回りも良く、押し気味に試合を進めます。
しかしキープレーヤーのフッキを鷲田、小原を中心としたDF陣が抑えて得点を許しません。
山形の方も佐藤、園田のルーキーコンビが落ち着いたプレーを披露。
特に園田が前線に送るパスやサイドチェンジのボールが効果的でした。

結局このあとは決定的な場面もないまま0−0で前半終了します。

後半もメンバーチェンジなく開始。
風上に立った山形が攻勢に出ます。
左サイドでのパス交換から石川の上げたクロスに臼井がDFに身体を寄せられながらあわせますが、これはバーの上。
さらに右サイドの攻撃から、ペナルティエリア内で横山がゴールを背にしてボールをキープし、最後はオーバヘッド。
これがキーパーの頭上を越えますが惜しくもバーに当たって跳ね返ります。
一方のヴェルディもここから反撃。
フッキ、廣山、ディエゴを中心とした攻撃からシュートを打たれるもキーパー清水が見切ってノーゴール。

このあと初先発の佐藤は足がつってしまい木藤と交代。
佐藤の交代を先にするため順番が逆になってしまった林も数分後に横山と交代でピッチへ。
ポジション的にはどちらも同じ位置に入ります。
一方のヴェルディもFWの船越を投入してきます。
すると後半27分、左サイドでの船越のポストプレーからフッキがドリブル突破。
必死に追いすがる宮沢が振り切られ、ライン際からマイナスのパスを入れられると併走していたディエゴにニアサイドであわせられついに失点。
警戒してたものの最後はフッキにやられてしまいました。

しかし山形もここから反撃。
左サイドに流れた林がファウルをもらってフリーキック。
キッカーは財前、ファーサイドに向けて巻いたボールが入ると、誰にも触れずにゴールを割るかと思われたところに飛び込んだのは臼井。
スライディングであわせたシュートが逆サイドのネットに突き刺さり、失点から5分後に同点に追いつきます。
財前のボールも良かったですが、臼井もよくあわせました。

ここから両チームにビッグチャンス。
ヴェルディはコーナーキックの流れから、クリアボールを拾って左サイドから前線にボールを送られるとヘッドで流され、前線に残っていた土屋のところへ。
ラインを上げていた山形ですがオフサイドを取れず、裏に抜けた土屋のシュートは飛び出したキーパー清水より早くゴールへ。
しかしこれはゴール左のサイドネットを揺らしてノーゴール。
すると今度は山形。
前線でボールを奪った臼井がドリブルすると2対1の決定的局面に。
中央の林にパスが渡ってキーパーと1対1かと思われますが、最初のトラップが短くなると、信じられないスピード土屋に寄せられてしまいシュートを打たせてもらえませんでした。
うーん、もったいない。
それにしてもこの試合での土屋はかなり効いてました。
鬼気迫るっていうのはああいうのを言うんでしょうね。

そして試合はロスタイムへ。
ちょっと長めの4分のロスタイムで宮沢の右足のミドルシュート、終了間際には財前のクロスをバックヘッドで北村が狙いますが、いずれもキーパーにキャッチされてゴールならず。
このまま試合は1−1のドローで終わりました。
不敗記録は続いてます。

全体的な印象からいうと、今日は負けなくて良かったなという展開でした。
やはり主力の多くが欠場した山形は決定打に欠けた感じ。
追いついた後、さらに勝ち越しを狙って投入できる選手がいなかったかなーと。
そんな中でも1−1という結果に終わったことは評価できると思います。
ルーキーの佐藤にしろ園田にしろトップでも通用することを証明しましたし、途中出場の木藤もボランチのポジションで奮闘。
キープ力もありましたし、木藤のボランチもいけるかも、という印象でした。

あと特筆すべきは主審を務めた岡田さん。
判定も毅然としていて、ちょっと荒れそうになった試合を上手くコントロールしていました。
このあたりはさすがだなあ、と思ってしまいました。
毎回こうだといいんですけどね・・・。

ということで、勝ち点で並んでいた札幌が勝ったため2位に後退。
まあ、まだ順位どうこう言う時期じゃないので、かえって気楽かもしれません。
次節は抜け番なので、また連勝街道に入れるように調整してほしいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
苦しいながらも負けなかったことが収穫 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる