じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第二クールを振り返る

<<   作成日時 : 2007/07/09 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ試合レポートを書いていませんが、総括だけやります。
最近時間がないのです・・・。

さっそく第二クールの結果一覧。
テーブル組むのが面倒になったので、テキストのみです。

節(H/A) 結果 (山形の得点者)
---------------------------------
14節(A) 山形1−0愛媛 (根本)
15節(H) 山形1−1東京V (臼井)
17節(H) 山形0−0徳島
18節(A) 山形0−2仙台
19節(H) 山形1−1草津 (林)
20節(A) 山形0−3京都
21節(H) 山形1−2水戸 (豊田)
22節(A) 山形0−1C大阪
23節(H) 山形1−2福岡 (宮沢)
24節(A) 山形1−2鳥栖 (北村)
25節(H) 山形1−0湘南 (横山)
26節(A) 山形1−1札幌 (宮沢)

2勝4分6敗。
第一クールとはガラっと変わって、まあ散々な成績でした。
14節終了時点では念願の単独首位に立ったわけですが、第二クールが終わってみれば8位。
勝ち点を10しか稼ぐことができず、まさに大失速です。

まず原因として考えられるのがケガ人の多さ。
第一クールで離脱した木村に加え、臼井、根本、鷲田、園田が相次いで離脱。
累積警告による出場停止も重なって、ベストメンバーが組めない試合が続いてしまいました。
手薄になった右サイドに須田を緊急補強しましたが、そう簡単にフィットするはずもなく、点が取れない・我慢しきれず失点してしまう、という悪循環に。
そしてここにきて、財前、小原、豊田まで離脱。
昨日の札幌戦のスカパー実況で、「ケガ人だけで1チームできるんじゃないか」と言っていましたが、まさにそんな感じ・・・。
書いていて悲しくなってきました。

私的に一番痛かったのが臼井の離脱。
実際、臼井が抜けた19節以降は5連敗もあり、まさに目も当てられない状況でした。
個人的には、財前よりも臼井の離脱の方が影響大きいと思っています。
代役になるべき佐々木も調子が悪いのか、噛み合っていないのか、スタメンで出ても結果が出ていません。
ということで左財前、右宮沢の開幕時の布陣に戻ったわけですが、これだと膠着した試合を打開できないのは既にわかってたハズなのに・・・。
ここ数試合は北村を右サイドにもってきてようやく機能し始めましたが、今度は豊田の離脱もあってFWが人材不足。
スピードのある選手ばかりを集めたフロントも責任を感じてほしいところです。

まあ、ネガティブなことばかり書いても仕方ないので(笑)
明るい話題といえば、2年目の坂井が台頭しつつあること。
プロ入り初スタメンも経験し、ようやくプロの試合にも慣れてきたようです。
あとは本橋の復帰も。
今は宮沢、石川の影に隠れてしまっていますが、かつては左足のスペシャリストとして活躍していた逸材です。
試合勘を取り戻せばスタメンに定着してもおかしくないでしょう。
鷲田もサテライトの試合に出るなど、復帰しつつあります。

とにかく今は人が少ないので厳しい状況ですが、今まで出番が少なかった選手はいい機会だと思ってアピールしてほしいところです。
今のところ典型が木藤でしょうか。
本職でないボランチで思わぬ才能を発揮し、その後何度もスタメン出場。
こういう選手がドンドン出てくれば面白くなりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第二クールを振り返る じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる