じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆転勝利で2連勝

<<   作成日時 : 2008/05/25 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ミッドウィークの徳島戦は見れませんでした。
こういうときに限って勝ってしまうのですが。
まあ、仕方ありません。

本日から第2クールに突入。
ホームに熊本を迎えます。
スタメンはGK清水、DF石川、石井、レオナルド、宮本、MF宮沢、佐藤、秋葉、財前、FW長谷川、リチェーリ。
リザーブにGK遠藤、DF園田、木村、MF宮崎、FW北村。
出場停止明けの宮本が戻ってきた以外は前節と同じスタメンです。
DFの控えが二人というのも珍しい。

そして試合が始まったわけですが、連戦の疲れからか動きのにぶい山形。
ちょっと熊本にボールを回されていてどうかなと思っていたら案の定、前半4分、中盤からの縦パスを中山がワンタッチではたくと小森田が左サイドへパス。
フリーになった西森が入れたクロスをファーサイドの高橋がヘッドで決め、あっさり先制を許してしまいます。
まあ、でもこの得点は流れが良かったです。
いいポストプレーからのパスワークは見事でした。
得点を決めた高橋も、DFの視界から消える動きでフリーになって決めてました。
シーズン10得点目はダテじゃないです。

と、この時点でホームで大敗した岐阜戦の悪夢が頭をよぎりました。
ここから山形が怒涛の反撃。
左サイドの裏に抜けたリチェーリのシュートはキーパーに弾かれ、右サイド財前のクロスが流れたところにつめた宮沢のボレーはバーの上。
ゴール正面からの石川のフリーキックはキーパー正面、左からのクロスを受けた宮沢が中央に流れて打ったシュートもキーパー正面。
終わってみれば10本のシュートを打ちながらゴールを割ることができませんでした。
とはいえ、岐阜戦と比べれば前半で点が入らなくて逆に良かったかも(?)

後半、左サイドでボールを受けたリチェーリが中央に流れてシュートするもバーの上。
すると開始5分であっさりと北村と交代。
さらに4分後には財前に代えて宮崎。
正直あまり機能していなかった二人を早めに交代させる積極策が吉と出ます。

迎えた後半14分、左サイド石川がゴール前にアーリークロス、長谷川が相手DFとせりあってこぼれたボールがキーパーの足に当たり、ゴール前につめていた北村が押し込んで同点。
北村は今シーズン初ゴールです。
これで勢いがついた山形は後半22分、右サイド宮崎がグラウンダーで入れたクロスを北村が後ろに流すと長谷川が競り合いながら折り返し、これを再び北村が左足でシュートするとゴール右スミに決まって逆転。
久しぶりにFWで登場した北村の連続ゴールでした。
まさに監督の采配ズバリという感じです。
さらに29分、攻撃の流れから一旦はボールを奪われますが、中央でボールを受けた選手がトラップした瞬間に宮本が足を出すとボールは前線にいた宮沢へ。
右サイドに流れた秋葉をおとりにして左に流れた宮沢がワンフェイントからミドルシュート、これがゴール左に決まって3点目。
宮沢もようやく今シーズン初ゴール。
これでほぼ勝負あり、でした。

このあと秋葉に代えて木村を投入。
宮本がボランチに上がった布陣となります。
反撃に出た熊本に連続でコーナーキックを与える場面もありましたが、落ち着いて守り得点を許しません。
終盤にはカウンターから左サイド石川のクロスにファーサイドの宮崎がボレーであわせるも上手くヒットせずノーゴール。
昨日の代表のゴールと左右対称のような感じでしたが、せめて枠に飛べば、というところです。
結局最後まで攻めの姿勢を貫いたまま3−1で終了。
ホームで連勝となりました。

前半は動きの重かった山形ですが、後半鮮やかに逆転。
仙台戦とは逆の展開でした。
交代策もピタリと的中。
北村と宮沢にシーズン初ゴールが生まれたのも明るいニュースです。
徐々にケガ人も復帰してきてチームにも勢いが生まれてきました。

この流れで次の試合も期待してます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
逆転勝利で2連勝 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる