じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008 J2第2節 セレッソ大阪−モンテディオ山形

<<   作成日時 : 2008/12/02 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第2節以降、しばらくブログ書いていなかったことに気がつきました。
しばらく楽だと思ったのに、いきなり方針変更か・・・。

-------------------------------
2008/3/15 第2節
モンテディオ山形3 - 1セレッソ大阪
大阪長居スタジアム
天候 晴
入場者数 6,937人

得点経過
13分 山形 11.豊田 陽平
29分 C大阪 9.古橋 達弥
43分 山形 オウンゴール
62分 山形 4.小原 章吾


メンバー(山形のみ)
GK 1 清水 健太
DF 14宮本 卓也
DF 23石井 秀典
DF 4 小原 章吾
DF 13石川 竜也
MF 16北村 知隆 (83分→根本 亮助)
MF 6 宮崎 光平 (73分→秋葉 勝)
MF 5 渡辺 匠
MF 7 宮沢 克行
FW 11豊田 陽平
FW 9リチェーリ (79分→財前 宣之)

リザーブ
GK 21遠藤 大志
MF 10財前 宣之
MF 17佐藤 健太郎
MF 19秋葉 勝
FW 20根本 亮助
-------------------------------

この試合が記念すべき今シーズン初勝利。
しかもアウェーでセレッソに完勝というゲームでした。
開幕戦で点が取れなかったのがウソのようです。

シーズン初ゴールは豊田。
左サイド石川からのクロスをループ気味にヘッドで決めました。
え、それで入るの?っていうくらいあっさり決まったような記憶があります。
石川−豊田のホットラインは得点パターンになるなあ、と思ったシーンです。

しかし、ものの15分ちょっとで追いつかれます。
左サイドからのクロスをスルーされると走り込んだ古橋に決められて同点。
これはキレイに決められたなあ、という感じでした。
やはりセレッソには簡単に勝てないと。

ですが、前半終了間際に勝ち越し。
左サイドで柳沢からボールを奪ったリチェーリがドリブルで独走、グラウンダーのクロスが相手のオウンゴールを誘いました。
ほとんどリチェーリのゴールとも言っていいような得点。
この試合では左サイドでリチェーリが柳沢をぶっちぎるシーンが度々見られました。
スピードのある選手ってやっぱすごい。

後半に入って一進一退の攻防が続いたわけですが、石川のフリーキックから小原のゴールでダメ押し。
これは直前で石井がヘッドであわせていて、小原が触らなくても入ったかなあ、と。
石井のプロ初ゴールを小原が奪ってしまいました(笑)

そういえば、この試合は石井が初スタメン。
いきなりレオナルドの代役を任されたわけですが、新人らしからぬ落ち着いたプレーを披露。
危ない場面はほとんど無かったように思います。

この後は選手交代しながら逃げ切り。
地元の秋葉、根本がそろって初出場しました。
根本はFWではなく右サイドでのプレーとなりました。
北村もそうですが。FWの選手が右サイドでプレーしていたのは今年の特徴かと。
佐々木、臼井が移籍した穴を埋めるためというのが大きな理由だと思いますが、けっこうハマったかもしれません。
まあ、スペシャリストがいた方がいいんでしょうけど。

ということで、2戦目は3-1の快勝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008 J2第2節 セレッソ大阪−モンテディオ山形 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる