じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008 J2第23節 モンテディオ山形−サンフレッチェ広島

<<   作成日時 : 2009/01/03 16:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、次。

-------------------------------
2008/6/29 第23節
モンテディオ山形2 - 1サンフレッチェ広島
NDソフトスタジアム山形
天候 雨
入場者数 4,948人

得点経過
5分 広島 2.ストヤノフ
44分 山形 15.長谷川 悠
84分 山形 15.長谷川 悠

メンバー(山形のみ)
GK 1 清水 健太
DF 2 木村 誠
DF 3 レオナルド
DF 23石井 秀典
DF 13石川 竜也
MF 16北村 知隆 (75分→豊田 陽平)
MF 19秋葉 勝
MF 14宮本 卓也
MF 7 宮沢 克行 (81分→渡辺 匠)
FW 10財前 宣之 (45分→宮崎 光平)
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 21遠藤 大志
DF 26山田 拓巳
MF 5 渡辺 匠
MF 6 宮崎 光平
FW 11豊田 陽平
-------------------------------

勝ち点差こそ開いているものの1位2位対決となったこの試合、山形は少しメンバーを変えてきました。
まず右サイドバックに木村を入れて宮本がボランチ、そして北村は右サイド、財前がFWという構成。
サブにはケガから復帰の豊田、さらにルーキー山田が初のベンチ入りです。
首位広島とどこまでできるか、という試合となりました。

開始5分、あっという間に試合が動きます。
ゴール正面からのフリーキックをストヤノフに直接決められてしまいます。
壁のすぐ上を狙われるという、「なんでジャンプしないの?」という失点にキーパー清水もどうすることもできず。
このあともボールキープは広島に分が上がりましたが、第一クールの対戦ほどやられている感はなく、徐々に山形もペースをつかみます。
すると前半終了間際、バックラインからのボールを左にさばいた長谷川がそのまま前線へ、ボールを受けた石川からのクロスを長谷川がダイビングヘッドであわせて同点ゴール。
自ら起点となって最後も決めるという、長谷川の真骨頂を見たような得点でした。
このまま前半は1-1で終了。

後半は開始から財前に代えて宮崎を投入。
一進一退の攻防が続いた終盤、北村に代えて豊田、宮沢に代えて渡辺を相次いで投入。
そして迎えた後半39分、左サイドに流れた渡辺から石川にボールが渡ると石川がクロス、ニアで豊田がつぶれ役となってファーサイドの長谷川がフリーに。
思い切って左足のダイレクトボレーと打つとこれがゴール左スミに決まります。
見ている方も思わずうなった長谷川の2ゴールで逆転に成功します。
こうなると終盤は広島の猛攻をあびますが、守備陣も頑張って得点を許さず。
ロスタイム、クロスからヘッドで同点ゴールを決められたと思いましたが、これはオフサイドの判定。
正直、微妙な判定でしたが運も味方につけて2-1の勝利となります。

首位チームに逆転勝ちということで、非常に大きな勝利でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008 J2第23節 モンテディオ山形−サンフレッチェ広島 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる