じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008 J2第11節 サンフレッチェ広島−モンテディオ山形

<<   作成日時 : 2009/01/02 16:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さあ、次。

-------------------------------
2008/5/3 第11節
モンテディオ山形0 - 1サンフレッチェ広島
広島ビッグアーチ
天候 晴れ
入場者数 14,332人

得点経過
68分 広島 11.佐藤 寿人

メンバー(山形のみ)
GK 1 清水 健太
DF 14宮本 卓也
DF 3 レオナルド (89分→一発レッドで退場)
DF 4 小原 章吾
DF 13石川 竜也
MF 16北村 知隆 (53分→根本 亮助)
MF 17佐藤 健太郎
MF 18木藤 健太 (59分→本橋 卓巳)
MF 7 宮沢 克行
FW 19秋葉 勝 (65分→坂井 将吾)
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 21遠藤 大志
DF 23石井 秀典
MF 8 本橋 卓巳
MF 20根本 亮助
FW 24坂井 将吾
-------------------------------

6試合負けなし、前節久しぶりに勝利といい流れの山形。
首位広島にどれだけやれるか試される試合となりました。
スタメンに北村が復帰するも、前節負傷した宮崎はメンバー入りできず木藤がボランチ。
前線は先日と同じく長谷川と秋葉の組み合わせとなりました。

キックオフからボール支配率は圧倒的に広島。
J2では規格外のテクニックとパスワークでボールを回します。
山形も激しいプレスからボールを奪おうとするも、なかなかボールに触れることができません。
後に秋葉が「犬になった気分だった」と振り返った展開。
なんとか無失点に抑えたものの、山形はまたも前半シュート0本。
厳しい試合となります。

後半、早い時間から選手交代で勝負に出ます。
8分に北村に代えて根本、14分に木藤に代えて本橋、20分には秋葉に代えて坂井を投入。
3枚のカードをすべて切って勝負に出ますが、攻めに転じたところを逆に突かれてしまいます。
23分、レオナルドが奪ったボールを繋ごうとして奪われ、最初のシュートがキーパー清水が弾いたものの、こぼれ玉を佐藤に押し込まれて先制を許します。
やはりこういったミスは見逃してくれませんでした。

このあと反撃に出るも、散々走らされた体力は限界といった感じ。
逆にカウンターから何度かピンチを迎えるものの、運にも助けられ0-1のまま時間が過ぎていきます。
最後はレオナルドを前線に上げるパワープレー、しかしロスタイムに足を高く上げたレオナルドが一発レッドで退場。
失点の原因を作ってイライラしていたのかもしれませんが、後味の悪い幕切れとなってしまいました。
このまま0-1で敗戦。

広島は強かった、というのが素直な感想です。
ぶっちぎりで優勝したのも納得の内容でした。
しかし、山形も決して悪い内容だったわけではなく、むしろ前向きな敗戦だったと思います。
最後のレオナルドの退場は余計でしたけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008 J2第11節 サンフレッチェ広島−モンテディオ山形 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる