じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008 J2第35節 モンテディオ山形−サンフレッチェ広島

<<   作成日時 : 2009/02/08 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

だんだん手抜きになってるかも。

-------------------------------
2008/9/14 第35節
モンテディオ山形0 - 4サンフレッチェ広島
NDソフトスタジアム山形
天候 曇り時々晴れ
入場者数 14,392人

得点経過
33分 広島 11.佐藤 寿人
57分 広島 15.高萩 洋次郎
64分 広島 5.槙野 智章
76分 広島 7.森崎 浩司

メンバー(山形のみ)
GK 1 清水 健太
DF 14宮本 卓也
DF 3 レオナルド
DF 23石井 秀典
DF 13石川 竜也
MF 16北村 知隆
MF 19秋葉 勝 (67分→宮崎 光平)
MF 17佐藤 健太郎 (71分→渡辺 匠)
MF 7 宮沢 克行
FW 31馬場 憂太 (58分→豊田 陽平)
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 21遠藤 大志
DF 4 小原 章吾
MF 5 渡辺 匠
MF 6 宮崎 光平
FW 11豊田 陽平
-------------------------------

ホームに広島を迎えた一戦には14,000人を超えるサポーターがつめかけました。
勝ち点差が開いているとはいえ、首位広島とどんな試合ができるか注目です。
スタメンでは1.5列目の位置に馬場を起用。
豊田をサブに回す采配が吉と出るか。

そしてキックオフ。
以前の対戦のように広島にボールを支配されるわけでもなく、ある程度山形も形が作れているように見えました。
ただ、馬場のポジションが中途半端であまりボールに絡めていない感じでした。
すると前半33分、ボールを逆サイドに展開しようとした佐藤のパスをカットされると前線の佐藤寿人へ。
マークに行った宮本が身体を入れるも競り合いに勝った佐藤が抜け出してシュート、飛び出したキーパー清水も及ばず先制点を奪われてしまいます。
若干ファウル気味でしたが、上のクラスにいけば当たり前ともいえるプレーでした。
それよりも横パスを奪われてしまったプレーがいただけなかったと思います。
これで流れは一気に広島に傾いてしまいました。
このまま1-0で前半は終了。

後半、追いつきたい山形は序盤から攻めに出ます。
するとビッグチャンス、右サイド宮本のクロスを長谷川がヘディング、キーパーが弾いたボールを再び長谷川がシュートしますが、力みすぎたのかボールはバーのはるか上。
結果的にこれを決められなかったのが響きました。
後半12分にコーナーキックから高萩に決められてあっさり追加点を奪われます。
このあと馬場に代えて豊田を投入しますが、広島の勢いは止まらず。
後半19分にはDFの槙野に左サイドを突破され、ゴール前でレオナルドがかわされてシュート、これが決まって0-3となってしまいます。
さすがにこの失点にはガクっときました。
さらに後半31分にはゴール前でのパスワークから森崎浩司にDFラインを突破され4点目。
このまま山形は点を奪うことができず、0-4と大敗を喫してしまいました。

広島は強かった、というのが感想です。
こちらのミスを確実に得点につなげる決定力に差を感じました。
J1に行けばこのレベルの相手ばかりということで、まだまだ力が足りないということなのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008 J2第35節 モンテディオ山形−サンフレッチェ広島 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる