じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009 J1第4節 モンテディオ山形−ジェフユナイテッド千葉

<<   作成日時 : 2009/04/05 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はその日のうちに。

-------------------------------
2009/4/5 第4節
モンテディオ山形1 - 0ジェフユナイテッド千葉
NDソフトスタジアム山形
天候 晴れ
入場者数 9,172人

得点経過
86分 山形 19.秋葉 勝

メンバー(山形のみ ※は新加入)
GK 1 清水 健太
DF 20小林 亮※
DF 3 レオナルド
DF 23石井 秀典
DF 13石川 竜也
MF 16キム ビョンスク※ (73分→宮崎 光平)
MF 19秋葉 勝
MF 17佐藤 健太郎
MF 11北村 知隆 (69分→宮沢 克行)
FW 9 古橋 達弥※ (89分→宮本 卓也)
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 30植草 裕樹
DF 22園田 拓也
DF 14宮本 卓也
MF 5 渡辺 匠
MF 6 宮崎 光平
MF 7 宮沢 克行
FW 10財前 宣之
-------------------------------

ナビスコカップが抜け番になったため、久しぶりとなったこの試合。
ホームに千葉を迎えます。
ナビスコではホームで勝った山形ですが、リーグ戦でもホーム初勝利といきたいところです。
対する千葉は今シーズンまだ勝ちなし。
シビアに考えれば、こういう相手に勝っていかないと残留は厳しいでしょう。

スタメンは先日のナビスコカップとほぼ同じですが、レオナルドが先発に戻ってきました。
北村と小林はリーグ戦初スタメンです。
そしてリザーブの顔ぶれもリーグ戦仕様に戻ったといえるでしょう。

前半キックオフ。
開始早々、DF石井がボールをカットして中盤に出したパスを斎藤に奪われシュートを打たれます。
これは枠を外れて事なきを得ますが、こういう簡単なミスが命取りになるところでした。
一方の山形も秋葉のミドルでオープニングシュートを打つと、右サイド・キムのクロスを長谷川がヘッド。
どちらも枠を外しますが、徐々にチャンスを作り始めます。
そしてコーナーキックのチャンスを得ると、なんと全員が自陣に戻った千葉。
ほぼカウンターを捨てた、ある意味積極的な守備ですが、昇格チーム相手でもなりふり構っていられないというところでしょうか。
こうなると古橋、石川というキッカーがいてもなかなかチャンスが作れません。
一度古橋が左コーナーから中央の石川に送り、石川がミドルを狙いますが、あれだけ人数が揃っているとシュートコースもありません。
試合はこう着状態となり、こうなると怖いのがミス。
前半終了間際、千葉の巻が落としたボールを秋葉がお見合い気味にスルーしてしまい、谷澤にシュートを打たれます。
これも枠を外れてくれましたが、ここで取られていたら苦しい展開になるところでした。
前半は0-0で終了します。

後半、いきなり正面でフリーキックを与えてしまいますが、ボスナーの強烈なシュートを壁に入ったキムがブロック。
逆にこのあと連続でコーナーキックのチャンスを得ますが、相変わらず全員戻っている千葉の前に得点を奪えず。
じりじりした展開の中、先に動いたのは千葉、新居に代えて深井が入ります。
この深井が巻の近くでプレーすることで流れが千葉に。
山形も北村に代えて宮沢、キムに代えて宮崎を相次いで投入。
しかし、しばらく千葉に攻め込まれる時間が続きます。
そして右サイド坂本のクロスから巻にボレーシュートを許しますが、ここはキーパー清水が好セーブ。
得点を許さず、徐々に流れを取り戻した山形。
終盤に入り、左サイド宮沢の低空クロスを逆サイド宮崎が落として古橋のシュート。
さらに中央でボールを受けた秋葉のミドル、だんだんゴールが近づいてきました。
そして迎えた後半41分、左サイドでボールを受けた古橋が中央の佐藤へ、佐藤のトラップは浮いてしまいますが、すかさずアウトサイドでのスルーパスを前線へ。
そこに走り込んだのはダブルボランチを組む秋葉、上手く相手をブロックしながら左足を降りぬくシュートで見事にゴール。
値千金のゴールで均衡を破ります。
こうなれば残り時間はあとわずか。
終了間際に古橋に代えて宮本、最後は落ち着いてボールキープという定石通りの試合運びを見せます。
そしてタイムアップ。
1-0でリーグ戦ホーム初勝利となりました。

なかなか苦しい試合でしたが、最後の最後で点を取ることができました。
スコアレスで終わらなかったのは非常に大きかったと思います。
ボランチ二人で点を取ったというところも、今後を考えると得点パターンが増えて良かったのかなと。

また、私としては初めて見る右サイドバック小林のプレーに注目していました。
前半はあまりボールに触る場面がなかった感じでしたが、守備のところではセーフティファーストを心がけているように見えました。
無理につなごうとせず、簡単にタッチに逃げるところは逃げるという、リスクを避けるプレーだったのかなと。
終盤になってようやく攻め上がりが見られましたが、攻撃に絡む場面は多くありませんでした。
守備では無難なところを見せましたが、もう少し攻撃ができると良いのではないでしょうか。

なにはともあれリーグ戦で2勝目。
次はアウェー大分戦ですが、ケガ人が多い今はチャンスと言えます。
稼げる時に勝ち点を稼ぎましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009 J1第4節 モンテディオ山形−ジェフユナイテッド千葉 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる