じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009 J1第14節 清水エスパルス−モンテディオ山形

<<   作成日時 : 2009/09/18 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりの山形ネタ。

-------------------------------
2009/6/20 J1第14節
モンテディオ山形1 - 4清水エスパルス
アウトソーシングスタジアム日本平
天候 晴れ
入場者数 17,865人

得点経過
5分 清水 11.原 一樹
9分 清水 オウンゴール
46分 山形 29.廣瀬 智靖
51分 清水 23.岡崎 慎司
60分 清水 18..ヨンセン

メンバー(山形のみ は新加入)
GK 1 清水 健太
DF 20小林 亮
DF 3 レオナルド
DF 4 小原 章吾
DF 13石川 竜也
MF 29廣瀬 智靖
MF 19秋葉 勝 (80分→宮崎 光平)
MF 5 渡辺 匠
MF 7 宮沢 克行 (63分→11北村 知隆)
FW 10財前 宣之 (54分→古橋 達弥)
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 21遠藤 大志
DF 18木藤 健太
MF 6 宮崎 光平
MF 16キム ビョンスク
MF 11北村 知隆
MF 17佐藤 健太郎
FW 9 古橋 達弥
-------------------------------

ナビスコカップも終わりリーグ戦が再開。
アウェーとはいえ、清水にはナビスコカップで勝っている。
どうなるか。

スタメンにはレオナルドと小原のセンターバックコンビが復活。
長谷川も元気に先発出場。
また、リザーブには北村と古橋も戻ってきた。
ようやくメンバーもそろってきた感じ。

これはいけるかも、という期待は試合開始早々に裏切られることになる。
開始直後に清水の原にドリブル突破からシュートを打たれたのが悪夢の始まり。
5分、なんでもないロングボールを復帰したレオナルドがまさかの空振り、抜け出した原が楽々決めて早くも先制を許す。
さらに4分後、市川の放ったミドルシュートが山形の選手に当たってゴールへ。
不運なオウンゴールで2失点目となってしまった。
電光石火の速攻といったところか、最初のミスで完全にチームが浮き足立ってしまった感じ。
前半はまったくいいところなく0-2で終了。

これはダメだと思った後半開始早々、左サイド宮沢のクロスから廣瀬のヘッド。
本人はしばらく気がつかなかったようだが、ボールはゴールを捉えて1点差に。
意外なほどアッサリ点が入ったので驚いてしまったほど。
これで勢いに乗るかと思った矢先、またも期待は裏切られる。
わずか5分後、最終ラインからのロングボールで抜け出したのは岡崎、ハンドじゃないのと思うほどの見事な胸トラップからゴールを許してしまう。
いくら代表選手とはいえ、動き出しにまったくついていけてなかった。
ああ、これで終わったと思った瞬間。。。
この後、財前に代えて古橋を投入、ある程度攻撃の形が見え始めたのも束の間。
後半15分にはカウンターからヨンセンに決められてトドメの4点目。
今の山形に3点差を追いつくのは無理、ということでチャンスは作れど決められず時間は過ぎていく。
北村と宮崎を投入したのも実らず、このまま1-4で破れた。

4失点は今シーズン最多。
やはり序盤にミスから失点したのが痛かった。
しかもDFの要であるレオナルドのミスだっただけにダメージも大きかったと思う。
ケガ人が戻ってきたのは明るい材料だが、今度はDF石井が離脱。
なかなか上手くはいかないもんだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009 J1第14節 清水エスパルス−モンテディオ山形 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる