じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009 J1第18節 モンテディオ山形−ジュビロ磐田

<<   作成日時 : 2009/10/12 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらく更新してなかった。

-------------------------------
2009/7/19 J1第18節
モンテディオ山形3 - 1ジュビロ磐田
NDソフトスタジアム山形
天候 曇り
入場者数 10,255人

得点経過
16分 山形 4.小原 章吾
22分 磐田 18.前田 遼一
23分 山形 7.宮沢 克行
27分 山形 15.長谷川 悠

メンバー(山形のみ は新加入)
GK 1 清水 健太
DF 14宮本 卓也
DF 34西河 翔吾
DF 4 小原 章吾
DF 20小林 亮
MF 6 宮崎 光平
MF 19秋葉 勝
MF 5 渡辺 匠 (67分→佐藤 健太郎)
MF 7 宮沢 克行 (77分→赤星 貴文)
FW 11北村 知隆 (55分→キム ビョンスク)
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 30植草 裕樹
DF 2 木村 誠
DF 18木藤 健太
MF 16キム ビョンスク
MF 17佐藤 健太郎
MF 35赤星 貴文
FW 10財前 宣之
-------------------------------

前節久しぶりに勝った山形。
後半戦の最初の相手は開幕戦で大勝したジュビロ。
リベンジを狙ってくるはずだが、こちらもホームで負けるわけにはいかない。
スタメン、リザーブとも前節とまったく同じメンバーとなった。

そしてキックオフ。
気持ちの入り方はジュビロの方が強いと思われたが、相性ってものがあるんだろうか。
序盤からペースをつかんだのは山形。
そして前半16分、左サイドからのフリーキック、キッカー宮崎がゴール前に入れたボールを倒れ込みながら押し込んだのは小原。
2試合連続ゴールで山形が先制した。
しかし、このまま終わるほどJ1は甘くない。
わずか6分後、右サイドからのクロスを前田にあわせられて同点。
やはりフリーでボールを持たれると点を取られてしまう。
だが、相性の良さは続いていた。
その1分後、右サイド宮崎のパスをジュビロDFが処理ミスしている間に抜け出した北村がシュート、これはポストに当たってしまうが、跳ね返りを宮沢が目の覚めるようなミドルシュート。
これが決まってすぐに山形が勝ち越した。
トドメは4分後、カウンターから中央をドリブルする宮沢が右サイドに開いた長谷川へパス。
相手DFと対峙した長谷川、ワンフェイントから中へ切り込むと左足のシュート、カーブのかかったボールにキーパー川口は一歩も動けず3点目のゴールとなった。
この時点でほぼ勝負はあった感じ。
前半は3−1で終了。

後半も落ち着いた試合運びを見せる山形。
2点差という危険な展開だったが、ジュビロに得点を許さない。
逆に途中出場のキムがフリーでシュートを作るなどチャンスも作った山形。
追加点こそ奪えなかったものの、危なげない守備で時間を進めていく。
このまま3−1で勝利を収めた。

開幕戦で得た手ごたえは変わっていなかった。
ホーム・アウェーとも連勝で勝ち点6、得失点差で+6という荒稼ぎ。
もはや「お得意様」になってしまったジュビロ。
やはり残留を狙う上では、こういうチームを1つでも多く作ることが重要。
最高の形で後半戦のスタートを切れたと言えるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009 J1第18節 モンテディオ山形−ジュビロ磐田 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる