じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009 J1第19節 アルビレックス新潟−モンテディオ山形

<<   作成日時 : 2009/10/12 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さぼってたツケで、もうひとつ。

-------------------------------
2009/7/26 J1第19節
モンテディオ山形1 - 1アルビレックス新潟
東北電力ビッグスワンスタジアム
天候 曇り時々雨
入場者数 37,447人

得点経過
47分 新潟 10.マルシオ リシャルデス
88分 山形 15.長谷川 悠

メンバー(山形のみ は新加入)
GK 1 清水 健太
DF 14宮本 卓也
DF 34西河 翔吾
DF 4 小原 章吾
DF 20小林 亮
MF 6 宮崎 光平
MF 19秋葉 勝
MF 17佐藤 健太郎 (65分→石川 竜也)
MF 7 宮沢 克行 (79分→財前 宣之)
FW 11北村 知隆 (59分→赤星 貴文)
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 30植草 裕樹
DF 13石川 竜也
DF 18木藤 健太
DF 22園田 拓也
MF 16キム ビョンスク
MF 35赤星 貴文
FW 10財前 宣之
-------------------------------

前節勝って連勝中の山形。
この日は新潟との天地人ダービー第2弾。
ホームでは負けているだけにリベンジしたいところ。
スタメンのボランチには佐藤が復帰、またサブにも石川と園田が復帰している。
DFの控えが3人というのも珍しいが、新潟の攻撃力を考えてのことかもしれない。

試合開始から主導権を握ったのはホームの新潟。
特に矢野が右サイドから再三突破をはかり、山形は防戦一方の展開。
それでも粘り強い守備で得点を許さない。
西河が入ってからかなりディフェンスは安定したと思うが、小原との連携もかなり良くなってきた。
なんとか反撃に出たい山形だが前半のシュートは0本。
得点こそ許さなかったものの、このままでは勝てない。

そして後半、いきなり試合が動く。
2分、ゴール前のフリーキックをマルシオ・リシャルデスに直接決められて新潟が先制。
壁の上を越されただけに痛い失点ではあったが・・・。
前半の出来を考えるとこれで終わりかとも思ったが、そうはならないところがサッカーの面白いところ。
このあと北村に代えて赤星、佐藤に代えて石川、宮沢に代えて財前を投入。
徐々に山形の攻撃の形が見えてきた。
そして試合終了間際、新潟の矢野が強引にドリブルを仕掛けてきたところをカット、秋葉が中央を勢い良くドリブルで上がると、左サイドの財前へスルーパス。
これを受けた財前、トップスピードのままゴール前へドリブルするとマイナスのパス、ここに走りこんだ長谷川があわせて劇的な同点ゴール。
スローで見るとパスの瞬間の財前はゴール前を見ていないが、ドンピシャのパスとなった。
長谷川はこれで2試合連続ゴール。
終盤まで攻めて勝ち越し点こそ奪えなかったものの1−1でドロー。
アウェーで貴重な勝ち点1をゲットした。

よく追いついた、の一言。
前半を見ていたら失点した時点で負けだと思ったが、終盤の粘りは見事だったと思う。
途中出場した選手がみんな持ち味を発揮したのも大きい。
さらに石川の復帰や長谷川の連続ゴールなど、戦力も整ってきた感じ。
何より前半戦で負けた相手に引き分けたのは良かった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009 J1第19節 アルビレックス新潟−モンテディオ山形 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる