じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009 J1第26節 モンテディオ山形−清水エスパルス

<<   作成日時 : 2009/11/23 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そろそろ追いつかないとな。

-------------------------------
2009/9/19 J1第26節
モンテディオ山形0 - 1清水エスパルス
NDソフトスタジアム山形
天候 晴れ
入場者数 12,270人

得点経過
37分 清水 18..ヨンセン

メンバー(山形のみ は新加入)
GK 1 清水 健太
DF 14宮本 卓也 (53分→石川 竜也)
DF 3 レオナルド
DF 22園田 拓也 (78分→小原 章吾)
DF 20小林 亮
MF 6 宮崎 光平 (64分→廣瀬 智靖)
MF 19秋葉 勝
MF 17佐藤 健太郎
MF 7 宮沢 克行
FW 9 古橋 達弥
FW 15長谷川 悠

リザーブ
GK 30植草 裕樹
DF 4 小原 章吾
DF 13石川 竜也
MF 16キム ビョンスク
MF 29廣瀬 智靖
FW 35赤星 貴文
FW 10財前 宣之
-------------------------------

3連敗中の山形、ホームに清水を迎えた。
現在好調の清水とはナビスコカップで一度勝ったが、リーグ戦では大敗。
簡単な相手ではない。
が、ここにきてスタメンにレオナルドと長谷川が復帰。
守備を強化するため石川がサブに回り、宮本、小林の両サイドが先発となった。
サブも含め、ようやくメンバーがそろってきた感じだろう。

試合開始からペースを握ったのは清水、両サイドを使った攻撃を見せる。
しかし守備を修正した山形も落ち着いて対応。
課題の開始15分を守りきり、狙い通りの展開で時間が経過していった。
徐々に攻撃の形も見えてきたが、逆に前に出ていけるようになった分失点のリスクも高まってしまった。
前半37分、清水のコーナーキックをキーパー清水(紛らわしいな)がクリア、このボールをキープしようとレオナルドが前に出るが逆に奪われてしまう。
クロスカウンターから左に展開されると、兵頭のクロスをヨンセンにヘッドで決められてしまう。
頼みのレオナルドが前に出ていただけに、マークについていた秋葉には荷が重かった。
痛い失点で前半は0-1で終了。

後半、清水が無理に上がってこなくなってきたことでボール保持率の上がった山形。
追いつくために宮本を石川に代えてからはさらに攻撃モードに。
が、そこは試合巧者の清水、落ち着いて対処されてしまう。
ある程度クロスまでは上げさせてくれるが、中央はしっかり守られていた。
このあと宮崎に代えて廣瀬を投入するもイマイチ機能せず。
ちょっと北村の不在が痛かったかもしれない。
さらに終盤、園田が負傷したため小原を入れる展開に。
最後に攻撃のカードを切ることができず攻め手がなくなってしまった。
このまま0-1で敗れ、4連敗となった。

点差以上に力の差を感じた試合。
守備から入る狙いは良かったが、清水は少ないチャンスをきっちり決めてきた。
先に点を取られてしまうと今の山形は苦しい。
園田にアクシデントがあったのも痛かったが、無かったとしても追いつけたかどうか。
上位チームとの4連戦は最悪の4連敗となってしまった。

しかし、次節から千葉、大分、神戸、柏と続く4連戦が本当の正念場。
切り替えて行くしかないだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009 J1第26節 モンテディオ山形−清水エスパルス じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる