じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010 J1第25節 モンテディオ山形−ガンバ大阪

<<   作成日時 : 2010/10/03 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やはり、ツキは変わった。

-------------------------------
2010/10/2 第25節
モンテディオ山形2 - 1ガンバ大阪
NDソフトスタジアム山形
天候 曇り
入場者数 12,018人

得点経過
60分 G大阪 14.平井 将生
64分 山形 5.下村 東美
68分 山形 6.宮崎 光平

メンバー(山形のみ は新加入)
GK 1 清水 健太
DF 2 小林 亮
DF 4 西河 翔吾
DF 22園田 拓也
DF 13石川 竜也
MF 5 下村 東美
MF 17佐藤 健太郎
MF 8 増田 誓志
FW 11北村 知隆 (61分→宮崎 光平)
FW 15長谷川 悠
FW 7 宮沢 克行 (72分→田代 有三)

リザーブ
GK 20植草 裕樹
DF 3 石井 秀典
DF 26山田 拓巳
MF 6 宮崎 光平
MF 21ハン ドンウォン
MF 28太田 徹郎
FW 10田代 有三
-------------------------------

ここ5試合勝ちのない山形、この日はホームでガンバ大阪戦。
強豪相手ではあるが、前節ゴールを奪って連敗をストップした勢いを継続できるか。
スタメンのワントップには長谷川が入った。
サブにはDF石井が復帰、そしてハン・ドンウォンも久しぶりのベンチ入りとなった。

そしてキックオフ。
前半からガンバの猛攻が予想されたが、意外にもほぼ互角の展開だった。
序盤からコーナーキックを得るなど山形もチャンスを作る。
特にダブルボランチの位置に入っている下村の攻め上がりが目立った。
クロスボールに対してゴール前に入る選手も多く、強豪相手でもビビらずに攻めている印象。
一方のガンバも左サイドの安田が高い位置を取って攻め込む。
しかし中盤のボール回しにも山形は粘り強く対応、クロスを入れられても西河と園田のセンターバックが跳ね返す。
前半はそれほど危ないシーンは無かったんじゃないかと思う。
結局このままスコアレスで終了。
山形としてはある意味、狙い通りの展開だろう。

後半も一進一退の攻防が続く。
山形はなかなか長谷川のところにボールが納まらなかったものの、ファウルを受けてセットプレーの場面が増えた。
このままスコアレスの展開が続くかと思われたが、ガンバに一瞬のスキを突かれる。
後半15分、ゴール前に上がった遠藤にボールが入るとワンタッチでルーカスへ、さらにルーカスから平井にラストパスが通り、これを平井に流し込まれてしまった。
またも先制点を許してしまった山形。
だが、この日はなぜか悲壮な雰囲気にはならなかった。
失点の直後、北村に代えて宮崎を投入。
前節同点ゴールの宮崎が入ったことで山形の攻撃にスイッチが入った。
そして迎えた後半19分、こぼれ玉を拾った宮崎がワンタッチで左サイドの石川にパス、石川が入れたクロスはファーサイドまで流れ、上がっていた下村が胸トラップからシュート、これが決まって山形が同点に追いつく。
この場面、素早くパスを送った宮崎のボールが良かったのと、クロスに対してニアでつぶれ役になった長谷川の動きが良かった。
もちろんゴール前まで上がって落ち着いて決めた下村も見事。
これで流れは一気に山形へ。
同点ゴールからわずか4分後、DFラインから石川が前に送ったフィードで抜けだしたのは宮崎、飛び出してきたキーパーの直前でボールを触ると、ゆっくりとゴールに吸い込まれた。
宮崎の2試合連続ゴールで山形が勝ち越しに成功。
ホント、宮崎はラッキーボーイになっている。
このあと山形は宮沢に代えて田代を投入、田代がトップに、長谷川が左サイドに入る布陣となった。
一方のガンバも元山形の佐々木、さらにはドドとイ・グノを相次いで投入。
同点を狙って猛攻を仕掛けてくるも、山形も一歩も引かない。
ゴール前で田代がDF二人と競り合いながら強引にシュートに持ち込むなど、最後まで攻めの姿勢を崩さなかった。
増田のミドルやロスタイムの宮崎のシュートなど決定機も作り、追加点こそ奪えなかったものの強気の攻めに勇気をもらった気がする。
そしてタイムアップ。
山形が2-1でガンバを下し、6試合ぶりの勝利を上げた。

いやー、この勝ちは大きい。
大きいのだが、3連勝中の時のように苦しんで苦しんでやっと・・・というような勝ちじゃなかった。
宮崎が入ったことで雰囲気が生まれ、同点になってからは完全に山形ペース。
逆転ゴールは必然的に生まれたような感じすらした。
やはり、チームもサポーターも勝利に飢えていたということだろう。
終盤にガンバが攻撃的な選手をドンドン入れてきても、まったくやられる気がしなかった。

これで勝ち点も32となり、少し下位チームとの差が開いた。
まだまだ油断はできないものの、ホッと一息といったところか。
来週は天皇杯で再び湘南と対戦。
スッキリしなかったリーグ戦の借りを返してほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010 J1第25節 モンテディオ山形−ガンバ大阪 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる