じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011山形戦力分析3

<<   作成日時 : 2011/02/13 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の続きでポジション別の選手分析。
MF、FW編。

【背番号、氏名】は新加入

■MF(アンカー)
5 下村 東美
17 佐藤 健太郎

【コメント】
昨年と同様、4−1−4−1のシステムとなる前提。
ここは佐藤健がケガなくやってくれれば安泰だろう。
バックアップには下村。
下村はインサイドハーフも経験したし、終盤の守備固めに投入してダブルボランチへのシステム変更も可能。
ただ、このポジションにケガ人が出ると苦しくなってきそうだ。

■MF(インサイドハーフ)
8 船山 祐二
9 古橋 達弥
19 秋葉 勝
28 太田 徹郎

■MF(サイドハーフ)
6 宮崎 光平
7 宮沢 克行
11 北村 知隆
20 マイコン
21 川島 大地
24 伊東 俊
29 廣瀬 智靖

【コメント】
これまでも最激戦区だったが、マイコンと川島の加入でさらに競争が激化しそうだ。
この二人の新戦力がチームにフィットしたら面白くなりそう。
基本的には左に宮沢、右に北村が基本になるだろう。
ここに宮崎、伊東、広瀬が絡んでくる。
また、FWに入れたがオサマがここに入る可能性も高く、ますます目が離せないポジションだ。

■FW
10 長谷川 悠
18 大久保 哲哉
25 エルサムニー オサマ

【コメント】
ここも新加入が二人。
田代の穴という意味では大久保が入ってくれた。
基本的には長谷川が軸になると思うが、バックアップとして問題ないだろう。
昨年はケガに泣いた長谷川だが、ケガなく1年やれれば十分2桁得点を狙えると思う。
また、(しつこいが)日本人のオサマにも期待したい。
得点力が高いということなので、終盤にスーパーサブとして投入しても面白い。
スピードがあるということで、サイドハーフでの起用も考えられる。


【総論】
中盤から前のところで新加入選手が5人。
田代と増田の穴をどう埋めるかがテーマであるが、総合力では見劣りしない補強ができたと思う。
もちろん、昨年までの選手でも十分計算できるけど、さらに上を目指すためには新戦力の活躍に期待。
特にオサマとマイコンはまだ若いので「大化け」の可能性も・・・あるかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011山形戦力分析3 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる