じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011 J1第13節 ヴァンフォーレ甲府−モンテディオ山形

<<   作成日時 : 2011/05/29 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連敗ストップを喜ぶべきところかもしれないが、勝てる試合だったなあ・・・。

-------------------------------
2011/5/28 第13節
モンテディオ山形1 - 1ヴァンフォーレ甲府
山梨中銀スタジアム
天候 雨
入場者数 7,582人

得点経過
21分 甲府 14.ハーフナー マイク
26分 山形 24.伊東 俊

メンバー(山形のみ は新加入)
GK 16植草 裕樹
DF 14宮本 卓也
DF 22園田 拓也
DF 23石井 秀典 (87分→西河 翔吾)
DF 2 小林 亮
MF 19秋葉 勝
MF 9 古橋 達弥 (53分→船山 祐二)
MF 17佐藤 健太郎
FW 29廣瀬 智靖
FW 10長谷川 悠
FW 24伊東 俊 (68分→宮沢 克行)

リザーブ
GK 1 清水 健太
DF 4 西河 翔吾
DF 26山田 拓巳
MF 5 下村 東美
MF 8 船山 祐二
MF 7 宮沢 克行
FW 18大久保 哲哉
-------------------------------

ただいま3連敗中の山形、この日はアウェー甲府に乗り込んだ。
将来的に残留争いを考えると、絶対に負けは許されない相手である。
先発は前節とほぼ同じだが、伊東が今シーズン初スタメン。
宮沢は多少疲れもあるようでベンチスタートとなった。

雨の降る中、キックオフ。
前節と同様、ロングボールが多くなると思われたが、園田、石井のセンターバックが甲府のハーフナー・マイクに仕事をさせず。
一方の攻撃では左サイド伊東がボールキープから右サイドへパスを通し、廣瀬のドリブルシュートにつなげるなど、ある程度チャンスを作れていた。
課題の立ち上がり15分も過ぎ、これはいけるんじゃないかと思っていたが、やっぱり甘くなかった。
迎えた前半21分、DFラインでのボール回しにて園田から小林へのパスが弱くなり、小林が走りながら佐藤健に出したパスをカットされてしまう。
甲府がそのまま左サイドに展開すると、吉田がドリブルからクロス、ハーフナーが落としたボールを永里がシュート、キーパー植草がなんとか弾くもリバウンドをハーフナーがヘッドで押し込み先制を許してしまう。
またか・・・という感じで先に点をとられてしまった。
こうなると俄然苦しくなるが、この日の山形はここからが違っていた。
右サイドでのスローインからの流れで古橋→宮本へパス、宮本がダイレクトでクロスを入れると、二アサイドで長谷川が競って流れたボールを伊東がダイレクトボレー、低い弾道のシュートがゴールネットを揺らして山形が同点に追いつく。
伊東にとってのJ初ゴールが貴重な同点ゴールとなった。
これで山形に勢いが戻る。
終盤には小林の左クロスを二アサイドで古橋がヘッドであわせるも枠を外れてノーゴール。
両チームともその後は決定力を欠き、前半は1-1で終了。

後半、甲府は開始から片桐を投入してくると、山形も8分に古橋に代えて船山を投入。
4−2−3−1にシステム変更して勝ち越しゴールを狙う。
が、雨で濡れたピッチのせいもあってか簡単なミスが目立つ。
せっかく中盤でボールを奪っても起点となるパスをカットされるなど、両チームとも攻め手を欠いているように見えた。
そんな中、山形はゴール前での長谷川の粘りから最後はキックフェイントでキーパーをかわしてシュート、完全に決まったと思われたが、ゴール直前で甲府のDFにクリアされてしまう。
シュートまでは完璧だったものの、最後の最後で詰めが甘いというか・・・。
その後、伊東に代えて宮沢といういつもと逆の交代に出るが、あまり効果的な攻撃はできなくなってしまった。
終盤にはセンターバックの石井が負傷で西河と交代。
大久保を投入するという最後の手も使えず。
それでもロスタイムにはロビングボールで長谷川がDFラインを突破、ゴール前に船山がフリーで飛び込むも、強引にシュートを選択した長谷川のボールはサイドネット。
ストライカーらしいプレーではあったが、シュートするならせめて枠に飛ばしてほしかった。
そもそも船山にパスしていれば・・・といっても後の祭り。
結局このままタイムアップ、1-1のドローで最低限の勝ち点1をゲットした。

まあ、冒頭にも書いたけど、連敗ストップを喜ぶべきなのか。
正直、勝てるチャンスはあったし、勝たなければならない試合だった。
それでも今のチーム事情を考えれば、引き分けでも良しとしなきゃいけないだろうなあ・・・。
とにもかくにも4試合ぶりのゴールが生まれたことを喜ぶべきか。
決めたのは伊東で、今シーズンはプロ初ゴールが多いわけだが、裏を返せば決めるべき人が決めていないということ。
特に長谷川には2回のビッグチャンスがあったものの、どちらも活かすことができなかった。
地元の試合で気負ってしまったのかもしれないが、あれを決めないとエースとは呼べない。

次週はナビスコ杯のためリーグ戦はお休み。
ここはある程度フレッシュな選手を使ってもいいと思う。
5月はあまり結果が出なかったが、月が変わってツキを変えてほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011 J1第13節 ヴァンフォーレ甲府−モンテディオ山形 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる