じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012 J2第1節 ジェフユナイテッド千葉−モンテディオ山形

<<   作成日時 : 2012/03/04 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日はJ2開幕戦。
試合結果やメンバーその他は他所のサイトでも載ってるので、割愛して感想のみ。

まず、メンバーはほぼ予想通りだった。(ちなみに前田ではなく石井と思っていた)
が、システムは4-4-2ではなく、萬代、中島、山崎の3トップ気味。
序盤こそ右サイドからの縦パスで中島が抜け出すシーンがあったが、それ以降は押し込まれる展開。
細かいパスミスも多く、ほとんどチャンスらしいチャンスを作れなかった。
前半のシュート数0がそれを物語っている。
それでもスコアレスで折り返したので、後半巻き返せればと思っていた。

しかし、その思惑は開始早々に崩れる。
後半から船山と宮阪のダブルボランチにして安定感を増すつもりが、いきなりの失点。
山形チャンスの場面から右サイドへのパスをカットされ、深井にサイドを突破されてしまう。
ラインを割るギリギリのところでボールに追いつかれ、グラウンダーのクロスを藤田に押し込まれた。
最後までボールを追いかけた深井の執念の勝利だろう。

その後、積極性が増した千葉と対照的に、山形は消極的なプレーが目立ち始めた。
北村を下げて秋葉を投入したものの流れは変わらず。
逆に千葉の左サイド武田のクロスから再び藤田に押し込まれて2点目。
先制点と同じサイドから同じ選手に決められてしまった。

このあと船山に代えて伊東を投入するも、気持ちが空回りしている感じ。
それでもバックパスを奪った中島が決定的な場面を作ったが、角度のないところからのシュートは枠を捉えられず。
チャンスらしいチャンスはこれぐらいだった。
ラスト10分で小林に代えて宮本を投入、これでだいぶ攻撃の形が作れるようになったものの最後までゴールが遠かった。
2012年の開幕戦は0-2の完封負け。

あまりいいところはなかったが、光明はルーキーながらスタメンの宮阪。
まだまだミスも多かったものの、落ち着いた風貌やプレーは新人とは思えない風格。
プレースキックも精度が高く、これから期待できると思った。
他の新加入組では、中島の存在感が群を抜いていた。
ハッキリ言って中島がボールを持たないとチャンスのにおいがしない感じ。
逆に萬代の方はボールがあまり収まらず、それほど目立っていなかったのが残念。
チーム全体でもミスが多かったが、連携が良くなっていけばやえる手ごたえはあった。

長丁場のJ2はまだまだ始まったばかり。
次節に奥野山形の初勝利を期待しよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012 J2第1節 ジェフユナイテッド千葉−モンテディオ山形 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる