じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012 J2第2節 松本山雅FC−モンテディオ山形

<<   作成日時 : 2012/03/12 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず結果から。
2−1で今シーズン初勝利は奥野監督の初勝利でもある。
昨年浦和に勝ってから、実に半年ぶりの勝ち星でもある。
いやー長かった。

さて、システムは前節と同じ4−3−3ながら、右サイドハーフは北村ではなく秋葉がスタメン。
これがズバリ的中する。
押し込みながらも点が取れずにいた前半28分、石川の左クロスに中島が飛び込むもキーパーがクリア、こぼれ玉を狙った萬代のシュートが弾かれたところに走りこんだ秋葉が角度のないところから押し込む。
2012年、山形の初ゴールは秋葉。

その後も優位に試合を進めていたのだが、セットプレーから同点に追いつかれてしまう。
風下でクリアボールが短くなったところを再び前線に出され、弦巻がトラップから振り向きざまの左足ボレー。
これはシュートを褒めるしかなく同点に追いつかれる。
とはいえ、トラップ後のボールを足を上げてコントロールしたため、ハイキックをアピールして寄せが甘くなったのも事実。
ちょっと油断と言われても仕方が無い。

後半、ホームでの初勝利を狙う山雅に押し込まれる場面もあったが、最後のところは粘って得点を許さず。
そして歓喜の瞬間は後半27分、中盤で宮阪が横に短く流したボールを秋葉がロングシュート、これが見事に決まった。
ほぼ正面からとはいえスーパーゴール。
震災から1年のこの日、山形出身はえぬき秋葉の意地のゴールと言えよう。
この後、追いつきたい山雅に攻め込まれるものの、山田、太田と若手を投入して逃げ切り。
今シーズン初勝利を挙げた。

決していい内容ではなかったが、シュート数、コーナーキックの数では圧倒。
前節はほぼ消されていた萬代が前線でしっかりボールを持てたので、サイドからの攻撃の形が作れた。
風が強かったこともあって精度が悪かったものの、後半はだいぶ良くなっていた。
まだまだ細かいミスも多いが、まずは結果が出て一安心。
とにかく勝ち点3を取れたことがすべて。

次節はホーム開幕となる大分戦。
今度こそ内容の伴った勝利を期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012 J2第2節 松本山雅FC−モンテディオ山形 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる