じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012 J2第3節 モンテディオ山形−大分トリニータ

<<   作成日時 : 2012/03/18 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モンテディオ山形大分トリニータ
31' 山崎(PK)
75' 萬代
79' 山崎
 89' 村井
91' 三平
 


どうでもいいが↑のテーブルを組むのに苦労する。
しばらくHTML書いてないとダメだな・・・。

それはさておき、ホーム開幕戦は大分に3−2で勝利。
本当は3−0で大勝、といきたかったところだが、終盤の2失点が余計だった。
まあ、それでも勝ったことは大きい。
連勝は2年ぶりである。

この試合もスタメンは前節と同じ。
システムも同じ4−3−3で、今はこの形が良いと判断しているようだ。
この日は両サイドバックの小林、石川に加え、サイドハーフの秋葉、船山も積極的に攻め上がっていた。
特に開幕から2試合、あまり目立っていないと思っていた船山がかなりボールに絡んでいたと思う。
そしてそれが功を奏したのが前半30分頃、秋葉のクロスに飛び込んだ中島が倒されてPKをゲット。
どうもPKを失敗しているイメージの強い山形だが、ここは山崎が落ち着いてキーパーの逆をついてゴール。
3試合目にして初ゴールとなった山崎の得点で先制する。

後半も押し気味の山形。
そして、ここまでリーグ一の多さを誇りながら得点に結びつかなかったコーナーキックからゴールが生まれる。
石川の右コーナーをファーサイドの前田が折り返す、ゴール前の混戦からこぼれたボールに反応した萬代が押し込んで追加点。
ちょっと天井シュート気味でヒヤリとしたが、ようやく移籍後初ゴールを決めてくれた。
さらに立て続けに追加点、相手DFのクリアボールを西河が直接ゴール前にフィードすると、抜け出した山崎が左足で3点目をゲット。
これで試合はほぼ決まった。

選手交代では、宮阪に代えて石井をアンカーに投入するという新しい形を見せた。
さらに秋葉に代えて宮本、ある程度守備重視か。
最後はお役御免の山崎に代えて比嘉が初出場。
余裕の采配で楽々逃げ切るハズが、大分が負傷退場によって10人になってから状況が一変。
村井の目の覚めるようなロングシュートはバーを直撃して事なきを得るが、再び攻め込まれると中途半端なクリアボールを今度は村井に叩き込まれてしまう。
これはシュートを褒めるしかないのだが、なぜかここからバタバタに。
ロスタイムに入り、明らかに浮き足だったような守備陣から三平のシュートで1点差に詰め寄られてしまう。
こうなると勢いは完全に大分、その後も攻め込まれるが6分という長いロスタイムをなんとか守りきって勝利。
なんとも後味の悪い結果となってしまったが、勝てたことが収穫といえる。

まあ、今年は攻撃的に行っている分、失点も増えるのは覚悟しなければならないのだろう。
守備が固いだけではJ1で通用しないことは自ら実証済。
次節はここまで3連勝の甲府との対戦。
同じ降格組で厳しい戦いになると思うが、ホームでの連戦となるので期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012 J2第3節 モンテディオ山形−大分トリニータ じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる