じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012 J2第15節 モンテディオ山形−FC岐阜

<<   作成日時 : 2012/05/26 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モンテディオ山形FC岐阜
56' 萬代
66' 山崎
 40' 佐藤
 


前節福岡と引き分けた山形、この日はホームで岐阜戦。
最下位チームが相手ではあるが、岡山戦のこともあるので油断はできない。
しかも以前対戦した時にはホームで5点取られたという悪夢もある。
スタメンは出場停止から萬代が復帰し、以前と同じメンバーに戻った。

前半、悪い予感が的中してしまったのか、とにかく内容が悪い。
一発裏狙いのロングボールを多用したのだが、セカンドボールがまったく拾えずに攻撃の形が作れない。
それでも中島のスルーパスで宮沢がキーパーと一対一という絶好のチャンスをつかむも、これを止められてしまった。
ここからはチャンスらしいチャンスを作れず、岐阜に押し込まれるという展開。
とはいえ、さすがに最下位にいるだけあってか精度の低さに助けられていたものの、前半終了間際、ゴール前のパス回しからペナルティエリアに侵入されると、裏を取られそうになった石井が後ろから手をかけてしまいPKを献上。
これを佐藤に決められ、久しぶりに先制を許してしまう。
終わってみれば前半のシュートは宮沢の1本のみ。
まったくいいところなく、正直負けも覚悟した内容だった。

しかし後半、右サイドバックの小林に代えて宮本を投入。
前半よりも細かいパスを出すようになったことで流れが変わる。
岐阜が守りに入ったこともあって一方的に攻め込む場面が増えた。
そして後半11分、右サイドでパスを受けた宮阪がダイレクトでスルーパス、これで秋葉が右サイドを抜け出して中央へ絶妙のパス、ニアで山崎が相手を引き付けたこともあり、走りこんだ萬代が楽々押し込んで同点。
萬代は「ごっつぁんゴール」と語ったが、あそこにしっかり詰めているのがストライカーだろう。
それよりも起点となった宮阪のスルーパスが完璧だった。
これで俄然勢いのついた山形、宮沢に代えて船山を投入して勝ち越しを狙う。
すると、キーパーにプレッシャーをかけた萬代のプレーが相手のミスを呼び、こぼれ玉を拾った山崎がドリブル突破、DFがたまらず倒してしまいPKをゲット。
これを自ら山崎が決め、ついに勝ち越し。
前回も書いたが、PKを恐ろしいほど冷静に決められる山崎の存在はホント大きい。
これで流れは完全に山形。
3トップ揃い踏みを狙って中島にも何度かチャンスがあったものの、追加点が奪えないのは相変わらず。
まあ、贅沢は言っていられないだろう。
このまま危なげなく逃げ切って首位をキープした。

しかしまあ、前半と後半でこれだけ内容が違う試合も珍しい。
正直、前半あまりに悪くて、こりゃ1点ぐらい取られないとスイッチ入らないかな、なんて思っていたらその通りになってしまった。
逆に言えば、悪いところをしっかり修正して勝ってしまったということで、実力が伴ってきたともいえる。
こういう試合を勝てるところが首位にいる要因だろう。
これでホーム負けなしも継続し、気がつけば10試合負けていない。

次節はアウェーで熊本戦。
またも下位に低迷するチームとの対戦だが、気を抜かずに戦ってほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012 J2第15節 モンテディオ山形−FC岐阜 じーくふりーくのなるようになる(?)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる