【読書】海の向こうで戦争が始まる

タイトル:海の向こうで戦争が始まる
著者:村上龍
発行:講談社

【メモ】
「限りなく透明に近いブルー」に続く作品。(背表紙より)
ということで、(たまたまだが)順番に読んでみた。

内容的には・・・よくわからん(苦笑)
油断していると視点が変わってるというか、途中から主語が変わっていたりする。
もちろん、意図的にそうしているんだろうけど。

全体的に世界観が殺伐としているなあ、と思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック