【読書】吉田電車

タイトル:吉田電車
著者:吉田戦車
発行:講談社

【メモ】
この前まで固い本ばかり読んでいたので、今回は軽い本ばかり買ったのである。
で、吉田戦車。
言わずと知れた「伝染(うつ)るんです。」の作者なわけだが、実はそんなに読んだことはない。
まあ、それでも気になるので読んでみた。
なんてったってタイトルが「吉田電車」。
ちなみにこれの前作は「吉田自転車」らしい。
実に楽しげだ。

ということで、電車にまつわるエッセイである。
Web現代という雑誌に連載されていたものらしい。
まあ、この雑誌も読んだことは無いのだが。
内容はかなりユルい感じで、軽い本という思惑にピッタリ。
あまり考えずに読めるところも良い。
関係ないが、吉田戦車というペンネームの由来も書いてある。
オレ的にはけっこう以外だった。

しかし、吉田戦車って岩手出身だったのか。
オレも山形生まれの田舎者で東京に出てきているだけに、けっこう共感できるところが多かった。
あとがきに書いてある、列車のことを「きしゃ」と言うくだりなんか、まさにその通り!って感じ。
「山形に電車なんか走ってない」、と中学の先生に言われたことを思い出す。(ディーゼルなので)
あれ?「山形にデパートなんかない」だったかもしれないが・・・。

まあ、力を抜いて読める一冊である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック