タコの予想当たらず

所詮はバッタモンということか。

・タコ予想は外れ/ナビスコ杯
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20101103-697952.html

この試合、後半から見ていたのだが、なんともすごいゲームだった。
後半早々に勝ち越した広島が終盤までペースを握っていた。
磐田がチャンスを決めきれなかったこともあり、このまま広島が逃げ切りそうな展開。
だが、終了間際にセットプレーから前田が同点ゴール。
この場面、キーパーが弾いたところに詰めたわけだが、ゴールへの嗅覚が鋭かったと思う。

そして延長に入ると流れは磐田に。
前半にセットプレーから勝ち越すと、立て続けにゴールを奪って2点差。
これで勝負あったかと思われたが、その後の広島の粘りもすごかった。
前半ロスタイム、まさにラストプレーのフリーキックを槙野がねじ込んで1点差に。
最後までわからなくなった。

延長後半は広島が攻める展開になったが、前田のダメ押しゴールが決まって今度こそ勝負あり。
相手DFがクロスボールに対してカブってしまったとはいえ、落ち着いたトラップから決めたシュートは見事。
MVPも当然という活躍だった。
後半ロスタイムには槙野が気迫でPKをゲットするも、決めきれずにタイムアップ。
まあ、これが決まっていたとしても磐田の勝利は変わらなかったわけだが。

とりあえず、久しぶりに熱い試合を見たと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック