【読書】八十日間世界一周

タイトル:八十日間世界一周
著者:ジュール・ヴェルヌ
訳者:江口清
発行:角川書店

【メモ】
たまには文学読めよ、ということでコレである。
「十五少年漂流記」も大人になってから読んだのだが、この本も読んだことがなかった。
原作は1872年ということで、なんと100年以上も前の話である。
それでも全然古い感じがしないのは名作たる所以か。

今でこそ世界一周なんて飛行機で簡単にできてしまうだろうが、当時は船と列車の旅である。
いつか金と暇ができたらこんな旅をしてみたいもんだな。

どうでもいいが主人公の名前がフィリアス・フォッグで、それを追う刑事の名前がフィックス。
慣れてくると大丈夫だが、紛らわしいことこの上ない。
もう少しわかりやすいネーミングはできなかったんだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック