【読書】あなたは「日本語」話せますか?

タイトル:あなたは「日本語」話せますか?
編著:21世紀日本語研究会
発行:竹書房

【メモ】
日本語ってホント難しいと思う。
近頃は幼稚園でも英語を習ったりするらしいが、そんなことより日本語を勉強しろ、と言いたい。
ということで、読んだ本である。

要するに、正しい日本語を教えてくれる本。
自称・隠れ文系のオレとしては常識レベルの言葉も多いんだが、
『「さわり」はイントロではない』
なんてのは知らなかった。
確かに目からウロコだったりする。

ちなみに発行は2001年。
今から10年前である。
言葉は時代とともに変化するもので、例えば「全然OK」は、この本では「グレーゾーン」ぐらいの扱いだが、
今では全然違和感なく使えるように思う。(このように)

ちなみにウチの嫁はよく間違った言葉使いをするので困る。
例えば、安上がりの反対を「高上がり」とか。
いちいち「それは、高くつくの間違いだろ」と言わなければならない。
しかも、何回言っても覚えないのがムカつく。
子供の教育上よろしくないと思うのである。

なんて言ってるオレも、そんなに褒められた言葉使いじゃないが・・・。
口は災いの元だよなあ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック